フジテレビ系では、9月19日(月)午後7時から『お笑いオムニバスGP(グランプリ)』を放送する。『お笑いオムニバスGP』は、お笑いのあらゆるジャンルのNo.1を決める大会をオムニバス形式で繰り広げる、新趣向の総合バラエティー番組。およそ9カ月ぶり、待望の第4弾となる今回は、新企画「芸人グルメンタリー オモウソい店GP」、人気企画「2億4千万のものまねメドレーGP」の第2弾、という最強のラインナップでお届け!!これまでに引き続いて麒麟・川島明と白石麻衣がMCを務めるほか、お笑い見届け人としてチョコレートプラネット、ナイツ、平成ノブシコブシ・吉村崇が登場。さらに今回は、NMB48の渋谷凪咲もゲストに加わり、2つの大会をにぎやかに盛り上げていく。

■最強コント師が虚実皮膜の大熱演!禁断(?)の新企画「芸人グルメンタリー オモウソい店GP」

かの某一流グルメ番組を称えつつ、新たな笑いに挑む新企画「芸人グルメンタリー オモウソい店GP」が始動!!“オモウソい店=オモいっきりウソな店”というタイトルの通り、最強のコント師たちが集結し、全国津々浦々の“オモウソい店”の店主や店員、あるいは取材スタッフに扮(ふん)して、「こんなお店はイヤだ!」「こんな店員、いるわけないけど…どこかにいるかも?」といった絶妙なシチェーションを演じ切る。この禁断(?)の新企画に挑戦するのは、ロバート・秋山竜次、ジェラードン、友近、ネルソンズ、マヂカルラブリー、ロッチ、さらにお笑い見届け人のチョコレートプラネットもエントリー。コントの面白さに定評のある実力派コント師7組が、各世代から続々と参戦を果たす。なぜか“手ごね”に執念を燃やすハンバーグ屋の主人、不思議な“神ルール”にこだわる中華料理店主、大盛況の店をたった1人で切り盛りするカリスマシェフ…などなど、ひとクセもふたクセもあるキャラクターが繰り広げる、虚実皮膜の“オモウソい”ワールドを、とくとご覧あれ!

■審査委員長・石橋貴明をもうならせる、ものまね名人が続々!「2億4千万のものまねメドレーGP」

ものまね芸人が一堂に会し、大ヒット曲『2億4千万の瞳』のメロディーに乗せて、さまざまな有名人のものまねをメドレーで披露!かつて『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系/1997年〜2018年)で大人気を博した伝説のコーナー「2億4千万のものまねメドレー選手権」のアップデート版「2億4千万のものまねメドレーGP」が、約1年4カ月ぶりにお目見え。2021年5月9日(日)放送の第1回に続く、待望の第2回大会となる今回も、審査委員長にご存じ石橋貴明を迎え、希代のものまね名人たちが続々エントリー。アンタッチャブル・柴田英嗣&おぎやはぎ・小木博明の司会進行のもと、渾身(こんしん)のものまねメドレーを披露する。気になる出場者の顔ぶれは、神奈月、こにわ、霜降り明星・せいや、椿鬼奴&レイザーラモンRG、ラパルフェ・都留拓也、原口あきまさ、ホリ、モリタク!&河口こうへい、山本高広、レッツゴーよしまさの全10組。『みなさんのおかげでした』時代から皆勤賞の神奈月をはじめ、9回目の原口、7回目の山本といった常連メンバーはもちろん、意外にも今回が初登場となるホリや、霜降り明星・せいや、ラパルフェ・都留、レッツゴーよしまさの初参戦4組の健闘にも期待が高まるところだ。中でも、志村けん、いかりや長介らザ・ドリフターズのメンバー全員のものまねを1人で披露するレッツゴーよしまさの衝撃的なそっくりぶりに、スタジオが騒然となる一幕も…?そして最後に、チャンピオンを石橋が選定。栄えある“ウイニングものまね”を披露するのはいったい誰だ!?

なおこのたび、すべての収録を終えた川島、白石、チョコレートプラネット、ナイツ、吉村、渋谷の8人のコメントが到着。2つの企画の見どころを語ってくれた。全員が「涙が出るほど笑いました」と自信満々にアピールする『お笑いオムニバスGP』は、9月19日(月)午後7時から放送。斬新な企画と最強の顔ぶれで繰り出す笑いのオムニバスに、乞うご期待!!

【コメント】

川島明(麒麟)、白石麻衣、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)、ナイツ(塙宣之、土屋伸之)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、渋谷凪咲(NMB48)

◆新企画「芸人グルメンタリー オモウソい店GP」の収録はいかがでしたか?

川島「おもろかったですね〜。最初はね、企画の主旨はもちろん理解できてはいたんですけど、正直、どうなるんやろうっていう不安もあったんですよ」

「なかなか攻めた企画ですもんね」

川島「そう、“本家”の番組から怒られるんちゃうかなとか、そのあたりも心配だったんですけど(笑)。でも実際にVTRを見てみたら、めちゃめちゃ面白くて…」

吉村「もう最高でしたね!」

川島「芸人が爆発する瞬間を見たというか。VTRを見てあんなに涙を流して笑ったのは初めてちゃうかなっていうくらい、想像の10倍笑いました(笑)」

渋谷「私も笑いすぎて、今も、のどがかれてます(笑)」

白石「本当に面白かったし、どのVTRにも、みなさんそれぞれの色が出ていて。芸人さんってすごいんだなって、改めて思いましたね」

松尾「実際は、おのおのの芸人が勝手に撮影してきただけなんですけどね(笑)」

◆“特にココを見てほしい”という注目ポイントや、“こんな風に見てほしい”といったオススメの楽しみ方はありますか?

渋谷「まず“本家”の方を見て、どういう番組なのかをわかった上で、こっちを見ていただけると、より楽しめるんじゃないかなと思います(笑)」

「そういう意味じゃ、家族みんなで見ていただきたいですね。もともと、家族全員で楽しめる内容の番組を、さらにもっと面白くしてるわけだから。僕もぜひ、子どもと一緒に見たいなと思ってます」

川島「というか、“本家”にこのVTRを持っていったら、そのまま採用してくれるんじゃないですかね(笑)」

「そうそう、“この店、取材させてください”って間違えてロケに来ちゃうかもしれない(笑)」

土屋「僕が面白かったのは、スタジオの収録が進むうちに、“これはやっちゃダメ”みたいな、大会のルールがだんだんできあがっていくんですよ(笑)。そこも見どころかなと」

長田「あと、今回僕らもエントリーしてるんですけど、そのVTRの撮影中、本当に売りに出せるんじゃないかっていう新メニューが生まれてしまいまして。今度、キッチンカーを始めようかなと思ってるんですけど(笑)」

吉村「いや〜、でも本当に、いい大会が生まれたなと思いますね」

長田「そうですね、フジテレビはまたひとつ新しい賞レースを作りましたね」

土屋「そんなすごい企画のスタートに立ち会えるなんて、大変光栄です(笑)」

吉村「今後は、コンビとかトリオだけじゃなくて、いろんな組み合わせもできるんじゃないかと思いますね。仲のいい芸人同士とか、そういう形もありなんじゃないかなって。ただ、自分は絶対に出場したくないですけど…」

川島「(笑)。いやいや、出てみたら?」

吉村「だって、こんなに見てて楽しい大会はないけど、こんなに出るのが怖い大会もないですよ。しっかりお笑いをやってる人じゃないとダメです。僕みたいなセミプロが出たら、絶対に大やけどしますから(笑)」

川島「まぁ確かに、“コント師”じゃないとね」

吉村「そう、コント師。足腰にしっかり筋肉のついた芸人。僕とかお見送り芸人しんいちじゃ、ダメなんですよ」

長田「なんで急にお見送り芸人しんいちが出てくるんですか(笑)。できるでしょ、きっと」

松尾「なんなら2人で出てくださいよ」

吉村「いやいや、見てらんないって(笑)!」

◆では、「2億4千万のものまねメドレーGP」の収録はいかがでしたか?

川島「いや〜、こちらも圧巻でしたね」

白石「前回に引き続いて、ものまね芸人の方々の顔ぶれが本当に豪華で、とても見応えがありました」

渋谷「いろんな世代の有名人のものまねが次々に登場して。今までのすべての時代のスターとお会いできたような感じで、めちゃめちゃ楽しかったです」

長田「本当にすごいクオリティーでしたからね」

松尾「面白いのはもちろんなんですけど、見ているうちに僕、ものまね芸人のみなさんが、どんどんかっこよく思えてきたんですよね。最後、トリで出てきた芸人さんを見てるときは、泣きそうになっちゃいましたもん、かっこよすぎて」

土屋「みなさん、次から次にいろんな人のものまねをされるわけですけど、僕はそのスピード感にびっくりしました。漫才協会に、はたけんじさんという、ものまねの大師匠がいるんですけど、はた師匠は、15分のネタで5人ぐらいしかものまねをやらないんですよ(笑)」

川島「1人のものまねで3分(笑)?」

土屋「そう。それと比べると、目が覚めるような速さでした(笑)」

「ちなみに、はたけんじ師匠の最新のものまねは、戦場カメラマンの渡部陽一さんなんですけども(笑)。とにかく、この“2億4千万のものまねメドレー”というのは名企画だなと改めて思いましたね。石橋貴明さんとも久々にご一緒させていただきましたし、幸せな時間を過ごさせてもらいました」

川島「タカさん(石橋貴明)がスタジオに入ってくると、いい意味でビシッと空気が変わるんですよ。でも、それでいて、みんなを緊張させないように1人1人褒めてらっしゃったりして。今回は本当に、この企画はタカさんがいないと成立しないんやなと、つくづく感じましたね」

◆今回の「2億4千万のものまねメドレーGP」の出場者の中で、特に注目のものまね芸人は?

白石「神奈月さん、原口あきまささんといった“レジェンド”の方たちが本当に素晴らしかったです」

川島「確かにレジェンドのものまねもすごかったんですが、僕はやっぱり、レッツゴーよしまささんの“ひとりドリフ”が…」

吉村「うん、あれはすごかった!!」

川島「失礼な話ですけど、今まで存在も知らなかったんですよ。でも、あのものまねを見た瞬間、“この番組からついにスーパースターが生まれた!”と思って。志村(けん)さんがまたテレビ界に帰ってくる、そんな未来さえ見えてきて、感動で泣きそうになりましたもん。特に“素の志村さん”のものまねは、ぜひご覧いただきたいですね。視聴者のみなさんは、思いっきりハードル上げてもらって大丈夫やと思いますよ。絶対にそれを越えてきますから」

「僕は何といっても、収録中ずっと、誰からも振られてないのに、リーダー(コント赤信号のリーダー・渡辺正行)のものまねをやり続けた河口こうへい(笑)。あの鋼のメンタルは注目してほしいです」

吉村「(笑)。あの顔まねはクオリティーがハンパなかったですからね。実は僕、この間、渡辺さんご本人とロケバスでずっと一緒だったんですけど、そのときとまったく同じ顔でしたから(笑)」

「そう、めちゃくちゃ似てたんですよ。にもかかわらず、あんまり振ってもらえないっていう。それでも、ひな壇で1人、ずっと顔まねしてて…」

川島「プロやな〜(笑)」

渋谷「私としては、優勝された方にも注目してほしいです。誰かは言えませんけど、ぜひ最後まで見届けていただけたらと思います(笑)」

長田「最後まで見てもらえたらわかっていただけると思うんですが、僕は逆に、今その優勝者のことが心配でしょうがないんです。収録が終わってからまったく話せていないので、早く連絡してあげないと…(笑)」

《番組概要》

■タイトル

『お笑いオムニバスGP』

■放送日時

9月19日(月) 午後7時〜8時54分

■出演

MC:川島 明(麒麟)、白石麻衣

お笑い見届け人:チョコレートプラネット(長田庄平、松尾 駿)、ナイツ(塙 宣之、土屋伸之)、吉村 崇(平成ノブシコブシ)

ゲスト:渋谷凪咲(NMB48)

【芸人グルメンタリー オモウソい店GP】

出場者:秋山竜次(ロバート)、ジェラードン、チョコレートプラネット、友近、ネルソンズ、マヂカルラブリー、ロッチ ※五十音順

【2億4千万のものまねメドレーGP】

審査委員長:石橋貴明

コーナー司会:柴田英嗣(アンタッチャブル)、小木博明(おぎやはぎ)

出場者:神奈月、こにわ、せいや(霜降り明星)、椿 鬼奴&レイザーラモンRG、都留拓也(ラパルフェ)、原口あきまさ、ホリ、モリタク!&河口こうへい、山本高広、レッツゴーよしまさ ※五十音順

■スタッフ

チーフプロデューサー:江本 薫

プロデューサー:南條祐紀、松尾やす子、宮崎孝幸、利光智子

総合演出:中川将史

演出:宮川直樹、冨田直伸

制作:フジテレビ バラエティ制作センター

制作著作:フジテレビ

<オフィシャルサイト>https://www.fujitv.co.jp/b_hp/omnibusgp/

<Twitter>https://twitter.com/owaraiomnibusGP