京都市京セラ美術館で12月11日(日)まで開催中の「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」。子どもから大人まで3世代にわたって楽しめるサンリオ史上最大規模の展覧会です。



2020年に創業60年を迎えた株式会社サンリオは日本が世界に誇るキャラクター文化の先駆者として広く知られています。ハローキティやマイメロディなど、450以上のキャラクターを⽣み出してきたその歴史は今や世界の共通語ともいえる「カワイイ」⽂化の歴史そのものといっても過言ではありません。
創業当時からのグッズやデザイン画をはじめ、ファンとのコミュニケーションを⼤切にしながらキャラクターを成長発展させていく独特のスタイルにも注⽬し、時代を超えて愛され続けるサンリオキャラクターの秘密に迫ります。

 


シナモロール、ポムポムプリン、ハローキティに続いて、11月16日(水)に超人気キャラクターのクロミ、11月23日(水・祝)に人気急上昇中のハンギョドンの来場が決定しました!


クロミ
11月16日(水)10時、13時、15時を予定しています。
当日はキャラクターがご来場のお客様をお迎えいたします。
詳細は展覧会HP:https://www.ktv.jp/event/sanrio/




ハンギョドン
11月23日(水・祝)10時、13時、15時を予定しています。
当日はキャラクターがご来場のお客様をお迎えいたします。
詳細は展覧会HP:https://www.ktv.jp/event/sanrio/


展覧会オリジナルグッズは見ているだけでもウキウキします。京都会場から販売スタートしたサンリオ展限定品も多数。お気に入りのキャラクターを見つけ出してください。




展覧会概要
「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」
2022年10月7日(金) 〜 12月11日(日)  月曜日休館
10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
京都市京セラ美術館本館北回廊2階
展覧会HP:https://www.ktv.jp/event/sanrio/