9月18日(土)午後2時57分からカンテレで放送する『かまいたちの100均物件』(関西ローカル)は、日本各地にある100円の家、いわゆる“100均物件”に芸人が住み、DIYで家をよみがえらせる、空き家救済バラエティー。フルーツポンチとエルフが東西に分かれて、100均物件を100時間泊まり込みで再生する。

 芸歴17年目のフルーツポンチの2人は、兵庫県淡路島にある築80年の物件へ。足を踏み入れた瞬間、村上が「うわ〜これどうにかなるんかな〜」ともらすほど、建物全体の老朽化が進んでいた。村上の相方・亘は、工務店のアルバイト経験を生かし、もはや芸人であることを忘れるほどの大活躍を見せる。

 一方、ギャル漫才で人気急上昇中のエルフは、東京から約2時間、「東洋のアマルフィ」と呼ばれる港町、神奈川県・真鶴町へ。築53年の空き家は一見問題なさそうだが、ある理由から建て直しができない物件だった…。そこでエルフは、DIYアドバイザーの力を借り100均物件の再生に挑む。

悪戦苦闘しながら100時間DIYに挑む、フルーツポンチ&エルフの二組だったが、「地域に住む住民の温かさ」に触れ、物語は次第に、町長や市長を巻き込んだビッグプロジェクトに…!?

さらに、番組の“ナビゲーター”は、現在セカンドブレイクを果たしている、もう中学生。番組全編のナレーションに加えて、“段ボール芸”での爆笑ナビゲートにも注目…!

VTRを見ていたMCのかまいたちは、独自のツッコミを入れつつも、空き家復活に奮闘するフルーツポンチ、エルフの姿に敬意を表し、濱家は「めっちゃいい番組やん」とこぼす。

 収録を終えたかまいたちの2人に番組の感想を聞いてみると、濱家は「古びた家、劣化してしまった家が生まれ変わっていくというのが楽しかったですし、やっぱり地域の人の、全員で協力する感じは見ていて気持ちよかったです」とコメント。山内は「DIYの知識が全くなかったんですけれど、こんな商品があるんだという情報もたくさんゲットできたので、すごく勉強になりました」と語った。

 さらに、濱家は「空き家問題が実際どんなもので、どれくらい深刻なのかもわかりますし、うまく活用することで移住の推進もできるので、すごくいい番組だなと思いました」と番組の魅力について話すと、山内は「SDGs番組なんです」と付け加え、「フルーツポンチ・亘がこんなすごい技術を持っているとは知らないと思うので、芸人の意外な一面を見るのも楽しみの一つです」と番組の見どころをアピールした。

 たった100円の100均物件が、いかにしてよみがえるのか。地域を巻き込んだ壮大なスケールの“再生の物語”をお楽しみください!


●番組情報

【タイトル】『かまいたちの100均物件』

【放送日】9月18日(土) 午後2時57分〜4時30分(関西ローカル) 

ホームページ: https://www.ktv.jp/100kin-bukken/

【出演】

 <MC>かまいたち

 <ロケ芸人>フルーツポンチ、エルフ

 <ナビゲーター>もう中学生