日中国交正常化から50周年を記念して、京都市京セラ美術館で開催中の『兵馬俑と古代中国〜秦漢文明の遺産〜』展。ゴールデンウィークには、予約のない方の入場制限を行うほどの盛況でした。その展覧会も5月22日(日)で閉幕します。

【兵馬俑とは?】
1974年、中国で井戸を掘っていた農民が偶然みつけた兵馬俑。2000年以上前につくられた実物大の兵士や馬の陶器が大量に出土し、世界を驚かせました。その数は約8000体と推計され、いまも調査が続いています。
この展覧会では、秦漢両王朝の中心地域である陝西省の出土品を中心に、日本初出の一級文物(最高級の貴重文物を指す中国独自の区分)を含めた約200点をダイナミックに展示しています。戦国時代には極小の騎馬俑が、 始皇帝陵では等身大の兵馬俑となり、漢代皇帝陵ではまた小さな兵馬俑に変化します。歴史の不思議を実際の文物で体感できる展示です。



【音声ガイドでより楽しく】
音声ガイドを務めるのは、声優の浪川大輔さん。「LUPIN the Third シリーズ」石川五ェ門役や、「ハイキュー!!」及川徹役などで知られる人気声優です。古代中国の世界への案内役を務めた浪川さんは「当時の人が兵馬俑に込めた想いというのが非常に詰まっているなと感じました。兵馬俑に喜怒哀楽といった感情まで表現していて、そこにグッとくるものがありました。」と、その魅力を話していました。





【グッズもカワイイ】




【キングダムの特設展示も】
春秋戦国時代を描いた人気漫画『キングダム』を通して、時代背景を伝える展示コーナーも展開!『キングダム』で描かれた場面と展示が参照できるようになっています。この機会に、古代中国の世界に足を踏み入れてみませんか?

 

【リモート講演会の配信で、より詳しく】
展覧会の監修者、鶴間和幸氏(学習院大学名誉教授)によるリモート講演会をVOD(ビデオ・オン・デマンド)で配信中です。5月19日(木)23:59まで。詳細は展覧会HPをご覧ください。https://www.ktv.jp/event/heibayou/




【展覧会情報】
■催事:日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国〜秦漢文明の遺産〜
■会場:京都市京セラ美術館 本館北回廊2階
■会期:2022年3月25日(金) 〜 5月22日(日)
■休館日:月曜日
■開館時間:10:00〜18:00 ※展示室への入場は閉館30分前まで
■主催:京都市、産経新聞社、関西テレビ放送、京都新聞、陝西省文物局、陝西歴史博物館(陝西省文物交流中心)、秦始皇帝陵博物院
■後援:外務省、中国大使館、公益社団法人日本中国友好協会、京都府教育委員会、京都市教育委員会
■協賛:DNP大日本印刷
■協力:一般財団法人日本中国文化交流協会 / 東海大学情報技術センター
■監修:鶴間和幸(学習院大学名誉教授)