上沼恵美子が司会を務めるバラエティー番組『快傑えみちゃんねる』(毎週金曜夜7時放送)は1995年7月10日に放送を開始し、今年放送25年を迎える関西の長寿バラエティー番組。女性のメイン司会で、現在もゴールデン帯に関西で放送されている民放バラエティー番組として最長記録を更新し続けている。

 

3月27日(金)は「涙なしでは語れない!波瀾万丈すぎる芸能人SP」と題して放送する。

袴田吉彦と離婚後、パート先で出会った5歳年下の男性と再婚し幸せを掴んだ河中あい、不倫騒動から4年経ち、自身のモテたい欲を自制できるようになったと明かす宮崎謙介、「まさか自分が離婚することになるなんて予想外だった」というFUJIWARA藤本など、多彩なゲストが波瀾万丈なエピソードを語る。

このほか若者を中心に絶大な人気を誇る5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCEのボーカル花村想太と、パフォーマーの岩岡徹が初登場。2017年には単独ライブで日本武道館を満員にし、2019年の全国ツアーでは11万人を動員。今まさに大ブレイク中のDa-iCEだが、ある悩みがあるという。それは「街に出ても気づかれないこと」。

というのも、街ロケの際にプロデューサーから「キャーキャー囲まれている様子を撮影したいので、隠れていて突然出てきてください」とリクエストされることが多々あるという。それに対し花村は「そんなことをしても絶対に騒がれませんよ」と言うのだが聞き入れられず、仕方なく言うとおりに出て行くと、誰にも気づいてもらえず気まずい空気に。番組スタッフの過度な期待に困惑する花村に上沼は「テレビの露出は関係ない。お金を払って見に来てくれる人を動員できるのはすごいこと」と力強いエールを送った。

 

上沼は、この日初めて差し入れにあんぱんを買ってきたFUJIWARA原西に謝辞を述べるとともに「原西さんは、この差し入れで『この度、藤本の(離婚の)件ではご迷惑をおかけしました。(ご配慮いただき)ありがとうございました』と伝えたかったのだなと感じました。それが男の友情ですよ、泣きそうになりました」と原西のコンビ愛を称えた。

さらに話は、上沼が家族同様に暮らしてきた愛犬との絆のエピソードに。最期の力をふりしぼって上沼に見せた愛犬の健気な姿に「私は愛犬に生き様を教わった、あんな風に生きたいと思った」と涙をこらえながら語る上沼に、瀬川瑛子も共感しスタジオで号泣、土屋アンナも大粒の涙をこぼし、これまでの爆笑トークから一転、スタジオは感動の空気に包まれた。

収録後、花村は『快傑えみちゃんねる』に初出演した感想を「台本通りではなく、その場の空気にあわせ、怒涛のごとくトークを進めていく上沼さんの話術がすごいと思いました。笑ったり、涙が出そうになったりと、上沼さんの人情味あふれたトークにひたすら感激しました」と語り、岩岡も「緊張して前日は眠れなかったのですが、上沼さんはおおらかで優しい印象でした」と振り返っていた。笑いあり、感動あり、3月27日(金)夜7時の『快傑えみちゃんねる』にご期待いただきたい。

 

【番組タイトル】『快傑えみちゃんねる』

【放送日時】2020年3月27日(金)夜7時〜8時

【メインパーソナリティー】上沼恵美子

【パーソナリティー】大平サブロー、梶原雄太(キングコング)

【ゲスト】瀬川瑛子、土屋アンナ、河中あい、宮崎謙介、FUJIWARA、花村想太(Da-iCE)、岩岡徹(Da-iCE)