博多華丸・大吉と千鳥が「全力で遊んで、全力ではしゃぐ!」をテーマにさまざまな企画に挑戦するバラエティー『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』。豪華ゲストとのスタジオゲームや大はしゃぎのロケなど、華大&千鳥が先輩後輩の垣根や体力の限界を超え、全力で笑いを提供している。

今回は、人気企画「6連単!ピッタリ当てたら100万円」に、ハライチの澤部佑とジャングルポケットの斉藤慎二が参戦。そして、女性目線の参考意見を示すゲストとして、山之内すずが参加。芸人7人のうち6人がランキングに参加し、3つのお題に対して全員で順位を予想する。

「街行く女性30人が選ぶ、キュンとするキスシーンランキング」では、“付き合う前の男女の海でのデート”を舞台に、芸人たちがキスシーンの脚本を執筆。アイドルグループ・INIの尾崎匠海が男性役を演じる。

「芸人になってから紙とペンをほとんど使わずにここまで来た」と言いながら書き上げた濱家のキスシーンに、全員から「急すぎない!?」「怖っ!」とツッコミが。澤部は「付き合う前にキスしないですけどね」と、頭を悩ませながら純情な男性のキスシーンを演出。大悟の脚本では、尾崎が“大悟そのもの”のような、不器用な男性を岡山弁で熱演! 「恋愛漫画にマストで入ってくる、草食系男子が見せるちょっとドキッとするワイルドさが見どころ」と語る山内の脚本だったが、山之内は「ホラーです。ギリ犯罪」と苦笑い。さらに、大悟からは「最下位が決定した!5連単!」と、ひどい言われよう。結果発表では、街行く女性から「言われたらキュンとする」「センスある」「絶対恋が始まる」といった好印象な意見が飛び出す。果たして、女性たちを一番キュンとさせたのは誰なのか?

「街行く女性30人が選ぶ、思わず許しちゃうテヘペロ顔は誰?ランキング」では、大悟が「一番得意や。(今まで)どれだけ許されてきたか」と自信満々。澤部は「かわいらしさは一番出ている」と言い、華丸も「テヘペロでここまで来た」と、それぞれアピールする中、大吉は自身のテヘペロ顔を見て「これはひどい。50代はやっちゃダメなのよ」と卑下する。結果発表では、女性たちから「ポージングが完璧」「かわいい」とほめる声がある一方で、「全然反省してなさそう」「ちょっと気持ち悪い」「イラッとする」「下心が透けて見える」などの厳しい意見も。さらに、斉藤がノブの代役をいいことに、どさくさに紛れ、おきて破りの行動を起こす。濱家は静かに笑いながら指摘するが、大悟は激怒! 一体何が起きたのか!?

「街行く女性30人が選ぶ、ヤンキーに絡まれた時、頼りになりそうなのは誰?ランキング」では、全員が大悟を1位と予想する。他のメンバーの順位もほぼ割れることもなく、「これはわかりやすい」「当てやすい」と余裕の芸人たち。順調に全員の予想を確定させるかと思いきや、大悟が「ヤンキーから1番逃げそうなイメージは山内」と言うと一転し、「俺、これで最下位ありえます? 攻撃的でゲストに毎回かみついて、ほんで誰もおもしろいと思ってなくて、ヤンキー来たら逃げるって思われてる? 俺はこの番組で何をしている?」と、山内が過去の番組内でのランキング結果を振り返って自嘲しながら反論し、濱家が大爆笑する場面も。

果たして、6連単の順位を当て、100万円ゲットなるか? 最後までお見逃しなく!

 

■前回の放送を見逃した方、もう一度見たい方は、こちらから↓

 

【カンテレドーガ】

https://bit.ly/3ea2RGs

 

【TVer】

https://bit.ly/3AZzEH3