東野幸治がMCを務める『お笑いワイドショー マルコポロリ!』10月3日(日)午後1時59分〜カンテレ*関西ローカルの放送に、今回で番組を卒業する見取り図がゲスト出演。「さようなら見取り図」スペシャルと題して、約3年間をトークとVTRで振り返る。MCの東野幸治、そして大先輩の芸人リポーターら手ごわい“兄さん”だらけのスタジオで、盛山とリリーがこれまで言えなかった本音を洗いざらいぶっちゃける!?

今やバラエティー界になくてはならない引く手あまたの人気芸人に成長を遂げた、見取り図。二人は、『マルコポロリ!』は他と比べようがない「特殊な番組」と語り、コロナ禍の「地獄のリモート収録」や、ほんこん、月亭方正ら“兄さん”たちの“愛あるかわいがり”など特殊すぎる舞台裏を大暴露!

 収録後、見取り図の二人に『マルコポロリ!』で培ったものを尋ねると、盛山は「むっちゃほんまギャーギャー言うようになりました。すぐ立ち上がる。立ち癖がついてしまいました。スタジオでも後ろの最端(さいはし)なので、どうしても声を届けたい、MCとかゲストに。その時は立つしかないので。なんか立たんでもええ時に立つようになりましたと述べ、「全体的に鍛えられた。この空気に。いい意味でこんなに厳しい環境ないんで」と、なかなか笑わない“兄さん”たちの反応に四苦八苦させられた3年を振り返った。リリーも、(『マルコポロリ!』で培われたものは)うーん防御力ですかね?防御力はめっちゃ高まった。前まではすごいあたふたしたことが、もう何を言われても動揺しない」と給料や女性関係までもあけすけに聞こうとする“兄さん”たちに鍛えられた日々を懐かしんだ。

最後の収録について、盛山は「楽しくやらせていただきました。すごいいい意味で『マルコポロリ!』らしく、最後送っていただいて」と語り、リリーも「いや、なんだかんだでちょっと感動してしまいましたね。絶対なんも感動せんやろうと思ってたんで。ちょっとウルッときました」と“兄さん”達の愛の深さに感極まったそう。盛山も「最後、先輩方がふざけながらもちょっと本音喋ってくださり、普段聞けないことだったので、感動しました。いざ終わると、このルーティーンが無くなるんやと思うとちょっと寂しいですね」とポツリ。さらに、「間違いなく芸人人生で、この『マルコポロリ!』の3年間は大事な3年間。走馬灯が10ページなら1ページですね。間違いなく!」と番組への愛をポロリ。

最後に番組の見どころを聞くと、「今までの僕らのオムニバスみたいな感じ。僕らの『マルコポロリ!』のベストアルバムみたいな回です」と盛山。「テレビの卒業回史上、一番汚いと思うのでそこを見て欲しいですね。肛門触り合ったり、ケツだしたり」とリリー。最後の最後まで、感動だけでは終わらせない『マルコポロリ!』の魅力をPRした。

※一部、記事の内容を修正しました。(2021.10.2 13:30更新)

【番組タイトル】『お笑いワイドショー マルコポロリ!』

【放送日時】2021年10月3日(日)午後1:59〜2:54 カンテレ*関西ローカル

【MC】東野幸治

【アシスタント】中島めぐみ (カンテレアナウンサー)

【芸人リポーター】ほんこん 月亭方正 メッセンジャーあいはら シャンプーハット 月亭八光

【ゲスト】見取り図