博多華丸・大吉と千鳥が「全力で遊んで、全力ではしゃぐ!」をテーマにさまざまな企画に挑戦するバラエティー『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』。豪華ゲストとのスタジオゲームや大はしゃぎのロケなど、 華大&千鳥が、先輩後輩の垣根や体力の限界を超え、全力で笑いを提供している。

11月9日(よる10時〜放送)は人気企画「クセがすごい観客大喜利」をお送りする。ゲストは大喜利を愛してやまない千原ジュニア。大物の登場に「この人が来ちゃうとチェアマンを呼ばなきゃ」(博多大吉)、「ちゃんと説明してるよな?クセ客を笑わせるって。ガチの大喜利答え出したらやめるよ」(大悟)と及び腰の華大千鳥に対して、ジュニアは「楽しい大喜利やってるって言うからさ」とノリノリ。

最初のクセ客は“ラッパー”。業界に精通する助っ人として、とろサーモン・久保田が参戦。韻を踏むとウケるのではという予想から、ダジャレが得意な華丸が意外な才能を発揮! Mr.マリックの娘でラッパーのLUNAから「ラッパーいけるんじゃないかな」とまさかのお墨付きも。一方ジュニアは「俺の知ってる大喜利とは違うなぁ」とボヤくなど、まったく笑わない大クセラッパーに全員が大苦戦!

2組目のクセ客は“プロレスラー”の真壁刀義、本間朋晃、アジャコング、井上貴子、赤井沙希。助っ人は、プロレスラー経験もあるレイザーラモンRG。大吉も大のプロレスファンとして期待がかかるが「全員現役だから、まだツボがわからない」と慎重な様子。大喜利の実力を発揮し着実にポイントを重ねるジュニアに対して、アントニオ猪木の入場曲「炎のファイター」を使ったお題では、歌が苦手な大吉がそれを逆手にとって好回答!プロレスネタに自信のない華丸は、地元・博多のネタでプロレスラーたちの心をわしづかみにする。すると、歌ネタが得意なRGが、変化球の回答を繰り出し「なんですか今の!」と全員が騒然となる。「あれやりたい!」(大吉)、「僕もいいですか?」(真壁)と、大喜利そっちのけの展開に!?

最後のクセ客は“元警察官”の5人。助っ人のドランクドラゴン・塚地は、刑事ドラマに14作品も出演しているだけに「若手の警察官より長いこと刑事やってる」と自信をのぞかせる。クセ客の1人で現在は犯罪ジャーナリストとして活躍する小川泰平は、「普段の動きが泥棒っぽい」と、本番前の大悟のとある行動を指摘。さらに大悟の回答が暴走! 小川を笑わせるどころか、どんどん険悪な雰囲気になり、ノブも「もう小川さんが大悟を逮捕寸前」と大焦り。果たして大喜利の行方は!?

 

■前回の放送を見逃した方、もう一度見たい方は、こちらから↓

【カンテレドーガ】

https://bit.ly/3jI0MS5

 

【TVer】

https://bit.ly/3nB7Px7