博多華丸・大吉と千鳥がMCを務める毎週火曜午後10時放送中の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』。この番組は、漫才、トーク、ロケ、どれを取っても一級品で、現在のお笑い界を引っ張る2組が、ゲストから誰かに話したくなるようなテッパン(=絶対に面白い)話を聞きだしていく。

28日(火)放送回では、新企画「ちょっと背伸びさせていただきます」がスタート!普段あまり行かない“大人の店”を訪れ、テッパン知識を勉強する。今回4人がやってきたのは完全予約制のペルシャじゅうたん専門店。最高価格3,000万円をはじめ、数百万円の高級品が何重にも重ね置かれる店内で、品質の見極め方や奥深い歴史を学んでいく。そしてロケの最後には2枚のじゅうたんのどちらが高額かを当てるクイズに挑戦。不正解の人は店内の商品を自腹で購入する。しかし、クイズ出題中に大悟の発言をきっかけに、前代未聞のハプニングが…。大吉が「あんな結末見たことある? 伝説になるんじゃない?」、大悟が「コントでやろうと思った」と語ったほど、これまで数多くのロケを経験してきた華大&千鳥も驚く結末とは?

また、今回のスタジオゲストは、クラシック界の異端児と呼ばれるピアニスト・清塚信也。ピアノ初心者の大悟でもモテる!? ピアニスト・清塚ならではのテッパンモテテクニックによって、大悟の指先からすてきなメロディーが奏でられる。また、幼少期の壮絶なレッスン秘話や、その反動でハマるゲーム愛、志村けんとの交友など、異端児っぷりを示すさまざまなエピソードが明らかに。さらに、即興でイメージを曲にできる清塚が華丸大吉&千鳥をイメージした2組の登場曲を披露。思わずノブが大クレームしたその演奏内容とは?

■1月28日(火)午後10時放送分 出演者

MC:博多華丸・大吉、千鳥(大悟、ノブ)

テッパンゲスト:清塚信也