坂上忍が動物たちと深く向き合うきっかけとなった愛犬リクとの出会いと別れを書き下ろし、野性爆弾のくっきー!がイラストを描いた絵本「リクはよわくない」。5歳の「ぼく」が子犬の「リク」といのちの大切さを学んでいく物語は、多くの子どもたち、そして動物を愛する人々の心を温かな感動で包みました。これをアニメーション映画化した『リクはよわくない』が10月1日(金)に公開、それに先立ち映画の試写と舞台挨拶を行う完成披露イベントが行われました!



原作の坂上忍を始め、絵本のイラストを担当した野性爆弾のくっきー!、チワワのツトム役を演じた森川智之、ストーリーテラーとなる「ぼく」とナレーションを務めた松本梨香が登壇。映画完成の裏話や作品の見どころ、そして人間の良き家族である犬たちについて、子供たちへ届けたい想いを熱く語りました!

イベントが始まり、登壇者が順に呼ばれ舞台上に上がり始めた時、坂上さんが連れて会場入りしていた、坂上家のワンちゃん「テンくん」が、坂上さんを追って会場に乱入。客席をぐるっと一周走りまわって場内はプチパニックに!壇上から降りて抱っこでテンくんを捕獲した坂上は「お疲れ様でした」と言ってそのまま退場するなど、開始一発目に場内は笑いに包まれた。



試写会にきた親子連れのお客さんに向け坂上は「くっきー!と一緒に作らせて頂いた「リクはよわくない」という絵本が映画となって完成したという事で今日という日を迎えることができました。とっても素敵な映画になったのでこれから観られる皆さんは是非、楽しんでいって貰いたいと思います」と意気込み、くっきー!は「坂上さんにお声をかけて頂いて、絵を書かせてもらいましたが、まさか映画化されると思っていなかったので、これから観られる方は(涙をふくのは)ハンカチでは足りないと思いますので、バスタオルの準備をお願いいたします。こんにちは!」とくっきー!らしく挨拶。



坂上は産みの親として今の気持ちを「絵本を作った時はまさか映画になるとは思ってもいなかったので、今ものすごく忙しい声優さんが手を挙げて参加して下さったのは、自分事なんですけど他人事みたいな気分です。凄く素直に嬉しいですね」とコメント。絵本を書こうと思ったきっかけについては、「バイキングで毎年東北の被災地に寄らせて貰っている時に、たまたま幼稚園の先生から読み聞かせをやってくれませんか?と言われて。読み聞かせはやった事なかったんですが、やってみたら子供たちがもの凄く熱心に聞いてくれてビックリして。物書くのが好きなので本とか出してきましたが、絵本を通して動物と暮らすという事は楽しい事もあるけど大変な事もあるんだよ、という事を伝えられたらなと思った事がきっかけです」と語った。
また、個性豊かなキャラクターはどのように産み出されたかと聞かれたくっきー!は「いろんな角度を描かないといけないので、坂上さんに資料を頂いて、ワンの前、横、後ろ、真上とかを壁一面に写真を貼って描きました。一時、部屋が坂上さんの犬まみれの時がありました。坂上さんのワンちゃんの写真に囲まれてその中に僕が立っていたので、僕が坂上忍さんでした(笑)」とここでもくっきー!独特の表現をし、それを聞いた坂上は「あれだけ詳細な写メを送っているのに大きさが全く違った。あんまりこの人参考にしてないんだなと感じましたよ」と混ぜっかえすと、それを聞いたくっきー!は唐突に「さかむけから血が出て痛いです。(松本に)ばんそうこう持ってませんか?」と松本に助けを求めた。また、くっきー!は絵本の物語を読んで「儚いなあと感じた」そうで、「結末は描きたくなかった。辛くて、最後の1ページ描くのに凄い時間掛かりました4年半ぐらい・・・」と真顔で語ると、坂上が「いや、絵本が出来上がるのに1年間ぐらいしかないので、4年半はないよね」とツッコミ。くっきー!は「時空がちゃうので人それぞれ時間の捉え方って違うんです。精神と時の部屋に入っていたので」と反論するが、MCに「ちょっと、先に進めますね」とスルーされる場面も。



絵本や映画の中に、隙あらば坂上さんのレコードのジャケットが出てくる事に関してMCからくっきー!さんの遊び心でしょうか?とのコメントに、坂上は「遊んでるんじゃないですよ、イジっているんですよ。」とぼやく一面も。くっきー!は「イジッってます。(坂上さんは)CDデビューしているんだよ」とまたもや煽り合戦を繰り広げた。
坂上にとって動物はどんな存在なのか聞かれ、坂上は「(もちろん)家族なんですが、くっきー!と一緒に「坂上どうぶつ王国」という番組もやらせて頂いてるので、ライフワークといいますか。この先何歳までこの仕事やるか分からないですけど“動物とかかわる”ということは最後までと思っていますので、もしかしたらお仕事よりも長いお付き合いになるもう一つのお仕事みたいな感覚はあります」と語った。



本作を観る子供達に向けたメッセージにくっきー!は「命は一個しかないんだ。凄く優しい「ぼく」、儚い「リクくん」凄く切ない映画なんですが、主人公の「ぼく」と坂上さんをだぶらせたら映画を見る目線が変わってしまうと思うので、坂上さんとは別物だと思って貰えれば。自分なりの“ぼく”を作って欲しい、ぼくはそれを言いたい」と最後までくっきー!語で作品をアピール。坂上も「自分でいうのもなんですがストーリーは完璧なんですよ、あんまり完璧だと鼻につくのでくっきー!の下手くそな絵でバランスをとってます」と笑いに誘いながら「観て頂いたお客様の感想が全てなので、楽しんで頂ければ!」と本作への期待を語って舞台挨拶を閉じた。

【作品概要】

タイトル:リクはよわくない

声の出演
ツトム:森川智之
ヨースケ:杉田智和
マルちゃん:森久保祥太郎
パグゾウ:花江夏樹
リク:浅野真澄
ナレーション/ぼく:松本梨香
テンポ:小原莉子
メロディー:七瀬彩夏
お母さん:片平なぎさ(友情出演)
店員:くっきー!
お父さん:坂上 忍

スタッフ
原作:「リクはよわくない」作:坂上忍/絵:くっきー!(インプレス刊)
監督:荒川眞嗣
主題歌:斉藤和義「朝焼け」(スピードスターレコーズ)
脚本:水月 秋
美術監督:菊地正典
編集:重村建吾
プロデューサー:福井政文 酒匂暢彦 堀 裕治
制作担当:小島 勉
絵コンテ:荒川眞嗣
演出助手:明比隆一
アニメーション制作:勝鬨スタジオ/十文字(制作協力:NIHODO MEDIA)
音響監督:サイトウユウ
音響効果:今野康之
調整:水本大介
録音:稲垣 聡
録音スタジオ:東洋レコーディング
音響制作:チャンスイン
音響制作担当:武久友理江
音楽:佐々木宏人
製作幹事:MMDGP/チャンスイン
配給:東京テアトル/チャンスイン

2021年10月1日全国公開

https://riku-movie.com/