綾野剛が主演を務める月10ドラマ『アバランチ』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜午後10時)の舞台裏を追ったドキュメンタリー動画「Document of Avalanche」の第2弾が、ドラマ公式YouTubeチャンネル(ドラマ『アバランチ』公式/AVALANCHE Channel)にて公開された。

今回公開されたのは、これまでの撮影現場に密着したメイキング映像と共に、主人公・羽生誠一役の綾野、山守美智代役の木村佳乃、牧原大志役の千葉雄大、打本鉄治役の田中要次のインタビューを収めたドキュメンタリー映像。15日(月)放送の第5話では“エピソードゼロ”として、羽生と山守の過去やアバランチ誕生の秘密が明らかになると共に、内閣官房副長官・大山健吾(渡部篤郎)の壮大な野望が明らかになったところで、ドラマの第1部が完結。動画では、そんな第5話を「一本映画を撮ったくらいの内容」と表現した木村が綾野との撮影の日々を振り返ったほか、「“モノを作ってるな”って感覚がすごくします」と語る千葉や田中が撮影現場についての印象を語った。

22日(月)放送の第6話から、ドラマは第2部に突入。これまで政財界の支援者を次々と失脚させられてきた大山によるアバランチへの反撃が始まり、互いの正義が衝突する壮絶な戦いが描かれていく。激しさや目まぐるしさを増していく第2部について、「もう“戦争”ですよね」と表現した綾野は、「雪崩を起こしているのか、自分たちに雪崩が向いているのか…。僕たち自身も先が読めないからこそ、“今、今”という一瞬の連続を一喜一憂できてるような気がしていて、間違いなく(役を)生きてるこの瞬間を、魂燃やして全員走ってる」と、登場人物と同じ視点で臨んでいる撮影現場についてコメント。「ここから、私も台本を読んで“えっ!?”っていう展開が3回は来るんじゃないかなって思っています」と木村が予想すれば、田中は「全く読めない。いずれ僕らにもピンチが来るのかなっていう予感はしますよね…どうなっちゃうんでしょう」と、この先の展開について思いを巡らせた.

ドラマの第2部の幕開けとなる第6話は、22日(月)午後10時から放送。ぜひご期待いただきたい。 

第6話あらすじ

3年前、多くの犠牲者を出した偽装テロ事件を足掛かりに、権力の階段を上っていく大山(渡部篤郎)。大きな野望を胸に秘めた大山が画策する“次なる最悪の一手”を防ぐため、羽生(綾野剛)たちはキーマンである元公安部長の戸倉(手塚とおる)への接触を図る。しかし、これまで情報収集に徹していた大山も、ついにアバランチに対して反撃に出て…。

そしてある日、日本列島に緊急ニュースが流れ込む――。アナウンサーが報じたその内容は、「警視庁が、アバランチのメンバー・羽生誠一容疑者をテロ事件の容疑者として全国に特別指名手配」。

羽生の身に一体何が? ついに、アバランチと大山の正義がぶつかり合う壮絶な戦いの幕が上がる。

<作品概要>

【放送枠】毎週月曜夜10時〜10時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

【出演】

綾野剛 福士蒼汰 千葉雄大 高橋メアリージュン 田中要次 利重剛 堀田茜 ・ 渡部篤郎(特別出演) 木村佳乃

【監督】藤井道人、三宅喜重(カンテレ)、山口健人

【音楽】堤裕介

【主題歌】UVERworld(ソニー・ミュージックレーベルズ)

【プロデュース】安藤和久(カンテレ)、岡光寛子(カンテレ)

        笠置高弘(トライストーン・ピクチャーズ)、濵弘大(トライストーン・ピクチャーズ)

【制作】カンテレ、トライストーン・ピクチャーズ 

<Document of Avalanche>https://youtu.be/rejxqiCy0EM

<公式Twitter> @avalanche_ktv

<公式Instagram>@avalanche_ktv