博多華丸・大吉と千鳥が「全力で遊んで、全力ではしゃぐ!」をテーマにさまざまな企画に挑戦するバラエティー『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』。豪華ゲストとのスタジオゲームや大はしゃぎのロケなど、華大&千鳥が先輩後輩の垣根や体力の限界を超え、全力で笑いを提供している。

今回は、「スパイ7分の1」にSixTONESの髙地優吾とぼる塾のあんりが参戦。7人のうち1人は、事前にくじ引きで決定した“スパイ”で、他のメンバーにバレないようにゲームを失敗させようとする。果たして、スパイを見抜くことはできるのか?進行は濱家が務める。

ジュニア時代の髙地と共演したことがあるノブは「(髙地は)ウソがつけそうな感じじゃない」と言うと、髙地自身「そうなんです!すごくピュアなんです」とスパイになった時のことを心配する。一方、あんりは「結構ウソもついて生きてます」と余裕を見せる。

回転するテーブルにドミノを並べていく「ターンテーブルドミノ」では、大悟が突然歌い出し、やたらと陽気な様子にノブは「今日すごいね!めっちゃ笑ってる。(普段は)しかめっ面代表やん」と怪しむ。山内も「(大悟が)前回スパイだったときもずっとヘラヘラしていました」と指摘。一方、ほとんどドミノを置かなかったことでスパイ容疑をかけられたあんり。全力で弁解するも、山内から「お前そんなやつじゃないだろ!」とブチギレされ、思わず「スパイだとしたらそんな分かりやすいことしねぇけどな」と言い返す。その一言に「言葉遣いな?あんりな?」(大悟)「ため口になってます。一応先輩」(ノブ)と千鳥が仲裁に入る場面も。

1人が決めたお題に対して全員で答えを合わせる「7人で答えを合わせましょう!」では、“赤い果物”というお題が決まると「これしかないですー!」「ここで犯人がわかります!」と異様にしゃべるノブに、あんりが「若手芸人でもあんなに盛り上げない」と不信感を抱く。みんなと違う答えを出した髙地は「ジャニーズですもん!かわいいものいきますよ」と、その果物を選んだ理由を必死で主張する。

4人1組で制限時間内にボールを運ぶ「パイプボールリレー」では、2人が明らかにおかしな動きをする。そんな2人に対して、「どっち?スパイが2人いる!」(大悟)、「スパイじゃないほうに腹が立ってきた」(あんり)と大騒ぎ!スパイを発表すると全員「スパイで安心した」と言い出すほどの、前代未聞の事態に発展する。果たして、何が起きたのか?最後までお見逃しなく!

 

■前回の放送を見逃した方、もう一度見たい方は、こちらから↓

 

【カンテレドーガ】

https://bit.ly/3sXMhxJ

 

【TVer】

https://bit.ly/3sWgOfn