ウィーンと京都で活躍したデザイナー、上野リチ・リックス(1893-1967)の世界初の包括的な回顧展を開催します。芸術爛熟期のウィーンに生まれたリチは、ウィーン工芸学校卒業後、ウィーン工房の一員として活躍し、日本人建築家・上野伊三郎との結婚を機に京都に移り住みます。第二次世界大戦前はウィーンと京都を行き来しながら、壁紙やテキスタイルなどの日用品や室内装飾など多彩なデザインを手がけました。戦後は夫とともに現在の京都市立芸術大学の教授となり、退職後はインターナショナルデザイン研究所を設立して、後進の育成にも尽力し、大きな足跡を残しています。本展では、京都国立近代美術館が所蔵する多くのリチ作品に加え、オーストリア応用芸術博物館(ウィーン)など国内外の機関からリチそして関連作家の作品・資料を招来し、色彩豊かで創造力あふれるリチの魅力あるデザイン世界の全貌を明らかにします。



ウィーン工芸学校でテキスタイル、七宝、彫刻を学んだリチ。卒業後はウィーン工房の一員となり、テキスタイル部門とファッション部門を中心に、さまざまなデザイン分野で精力的な制作活動を行います。本展ではウィーンで好評を博したというリチのテキスタイル・デザインを紹介します。



1924年、リチは日本人建築家・上野伊三郎と出会い、翌年結婚。伊三郎の郷里である京都へ移り住んだ二人は、建築事務所を設立して個人住宅や商業店舗の設計内装デザインを手掛けます。日本での新たな人生により、リチのデザインは開花していきます。



リチは京都に移り住んだ後も定期的にウィーンを訪れ、引き続きウィーン工房の一員として退職する1930年まで活動を続けました。戦後、リチと伊三郎は京都市立美術大学(現:京都市立芸術大学)の教員としてデザイン基礎教育の充実化に携わり、退職後もインターナショナルデザイン研究所を開設して人材の育成に尽力しました。



建築家・村野藤吾に依頼され、教え子たちと制作した東京日比谷にある日生劇場の旧レストラン「アクトレス」の壁画は彼女の晩年の代表作です。アルミ箔に覆われた天井一面に軽やかかつ色鮮やかに鳥が舞い花が咲き乱れる様子は、まさにリチが提唱した「ファンタジー」が具現した空間そのものでした。会場では、その華やかな壁画、天井画をご覧いただけます。


『上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー』は京都国立近代美術館にて2021年11月16日(火)〜2022年1月16日(日)まで開催。
展覧会、チケットに関する詳細はコチラ⇒ https://www.ktv.jp/event/lizzi/


【イベント情報】
上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー
■会場: 京都国立近代美術館 〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
■会期: 2021年11月16日(火)〜2022年1月16日(日)
■休館日: 月曜日および12月28日(火)〜1月3日(月)※ただし1月10日(月・祝)は開館
■開館時間: 9:30〜17:00[金・土曜日は20:00まで](入館は閉館の30分前まで)
■主催: 京都国立近代美術館、朝日新聞社、関西テレビ放送
■後援: オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
■協賛: ダイキン工業、竹中工務店
■特別協力: MAK−オーストリア応用芸術博物館(ウィーン)
■お問合せ: 京都国立近代美術館 TEL:075-761-4111(代表)