和牛がMCを務めるさまざまな“現場”にこだわるカンテレの情報バラエティー番組『和牛の以上、現場からお伝えしました。』の1月5日(火)深夜0時55分〜放送に、NSC26期生で和牛と同期の、かまいたちが登場する。

この番組は、SNSやWEBを見ただけで情報を知った気になってしまう現代において、実際に事件や話題になった“現場”にとことんまでこだわる情報バラエティー。いま話題になっている場所やモノ、人などを「事件」として扱い、人気芸人らが緊急潜入!体当たり取材を繰り返しながら、人々の心をつかんでいる理由を徹底リポート!さらに、毎回必ず番組だけの独占スクープをゲットする!

新年最初の事件は「兄弟番組からかまいたちが乱入!同期の天才コンビくすぶり瀬下を応援しにきた事件」。実は和牛は、兄弟番組とも言えるかまいたちの冠番組『かまいたちの机上の空論城』(毎週金曜深夜0時55分〜カンテレで放送)の2020年5月8日(金)放送回にゲストとして出演。今度はかまいたちが、同じく同期の天竺鼠・瀬下が出演する企画を応援するために登場。“気合い”と“根性”のみで生きているとされる瀬下は、かまいたちの番組で100mバンジーを飛ぶなど、いま過酷なロケで注目されている。そんな瀬下が挑戦するのは「天竺鼠瀬下 真冬の瀬戸内海で“幻の〇〇〇爆釣”事件」。はたして瀬下の根性は見られるのか?そして幻の〇〇〇は釣れるのか?

 同期の冠番組に出演することについて、かまいたち・山内は、「和牛が表で、僕らが裏みたいな(感じです)。和牛にはとことんクリーンを貫いて行ってほしいです。たまに裏のディープなほう(『かまいたちの机上の空論城』)にも遊びに来てもらって、和牛が普段しないようなことしてをもらいたい」と話し、濱家は「普段おいしいものしか食べていない和牛・水田に、土と木を食べてもらいたい」と、『机上の空論城』で土や木を食べた山内と同様に体を張った挑戦を期待した。

 また、改めて和牛の印象について聞くと、濱家は「水田は、ご飯大好きでぶくぶく太って、ただのオジさんみたいになってきています」と、山内は「川西はなんか人気あるんですよ。それがよくちょっと分からなくて…。なんであんなに人気あんねんやろ」と話し、15年以上となる関係の深さをうかがわせた。

 VTRで出演する天竺鼠・瀬下については、「2020年の後半からブレイクし始めて、今急にぐいぐい来ている同期。ただ体をはるロケをメインでしていて、2021年中におそらくなんらかの事故が起きてもう(テレビなどに)出ないと思うので、今のうちしか見られない芸人だと思います」と山内が“気合い”と“根性”がスゴすぎて何をするか分からない瀬下を心配すると、濱家も「本当に、“以上、現場からお伝えしました。”になる可能性がある芸人なので、大注目です」とアピールした。

 ちなみに最近あった和牛に関する事件について聞くと、山内が「3年以上前、水田が喉痛いって言うから、高〜いハチ

ツを、これM-1のときだけ使ってええよって貸しあげたら、そのまま瓶ごと返ってこなくなりました」と明かし、水田

以上のねちっこ〜い性格をあらわにした。

 さらに1月12日(火)、19日(火)の放送も、「同期芸人、友情再確認スペシャル」として引き続きかまいたちが出演することにちなみ、和牛との友情を感じた瞬間を聞くと、濱家は「M-1で僕らが優勝出来ず2位で終わったときに、“ええ漫才見せてもらいました”とすごくなぐさめてくれた」と話し、山内も「和牛は3年連続して(2位で)地獄やったのに」とM-1グランプリでのエピソードを披露した。

 最後に、2021年の抱負について、濱家が「おのおのが芸歴を重ねて来ておのおのの番組が出来て、お互いの番組にゲストで出演しあったりとか、やっぱりうれしいので。そういう機会をもっと増やせるように頑張りたいです」と話すと、山内は「2021年は(かまいたちの)全盛期です」と口にした。そんな山内に濱家が「もう来年以降はないの?」とツッコむと、「ないです。ここから落ちるだけ。あとは2021年の余力で出る」と並々ならぬ(?)2021年にかける思いを述べた。


【番組タイトル】『和牛の以上、現場からお伝えしました。』

【放送日時】2021年1月5日(火)深夜0時55分〜1時25分*関西ローカル

【出演者】MC:和牛(水田信二、川西賢志郎)

【GENBA記者】かまいたち(山内健司、濱家隆一)