千原ジュニアがMCを務め、10人の芸人が“即興芸”で面白さを競い合う『千原ジュニアの座王』(毎週土曜深夜1:45〜2:15関西ローカル放送)の9月21日放送回で、笑い飯 西田が前人未踏の100勝を達成した。

10人のプレイヤーが、大喜利・ギャグ・モノマネなど、即興芸のお題が書かれたイス取りゲームを行う。座れなかった芸人が「この芸人にこのお題でなら勝てそうだ!」と思った相手を指名し勝負を挑み、最後に勝ち残った一人が「座王」になるという番組だ。

西田は勝利数でもダントツのトップだが、この「座王」の称号も番組最多の21回獲得しており、「Mr.座王」の異名を持つ実力派。さらに、モンスターエンジン西森から「座王の鬼」と名付けられるほど、対戦者にとっては怖い存在だという。ところが、西田本人は勝ち続けなければならないプレッシャーに苦しんでいたようで、「古代ローマの闘技場で戦わさせられる奴隷のような気分。100勝達成したら、この戦いから抜けられるシステムがあったらいいのに」と意外にも弱気なコメントを漏らしていた。

 

この日、西田と対戦するプレイヤーは、ヤナギブソン、スーパーマラドーナ、中山功太、ミサイルマン岩部、R藤本、エンペラー、たくろう赤木の9名。審査員は浅越ゴエ(ザ・プラン9)が務めた。

数あるお題のうち、「モノマネ」と「ギャグ」は苦手と語っていた西田だったが、この日はその苦手分野のお題で見事勝利。満を持して100勝を達成した。

千原ジュニアが「おめでとう。これからは、審査員側にまわりたくない?」と聞かれた西田は「いいえ、審査員よりプレイヤーとして出るほうがいいです」と、これまでのコメントを覆した。

西田は「(2年間は)長いようで短かった。やってるときは、そろそろ開放してほしいと思うんですけど、やっぱり優勝すると気分がいいので、また出たいなと思いますね。今後の目標はもちろん200勝。優勝も回を重ねていきたい」と語った。

続く101勝目をかけた勝負にも「200勝目のスタートと思って頑張ります!」と意気揚々と挑む西田。千原ジュニアは「言うてること、千代の富士と一緒や」と笑いながらも、西田の「100勝達成」を称えた。

 

この日、西田はさらに勝ち進んで22回目の座王の称号も獲得することができるのか?9月21日の放送に注目いただきたい。

※千代の富士は1000勝を達成した時次の目標を聞かれ「1001勝です」と答えた

【番組タイトル】『千原ジュニアの座王』

【放送日時】2019年9月21日(土)深夜1:45〜2:15

【MC】千原ジュニア、竹上萌奈(カンテレアナウンサー)

【審査員】浅越ゴエ(ザ・プラン9)

【プレイヤー】笑い飯 西田、ヤナギブソン、スーパーマラドーナ、中山功太、ミサイルマン岩部、R藤本、エンペラー、たくろう赤木