2020年1月6日(月)午後9時から、あらゆるビッグデータから予測された犯罪を未然に阻止する「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の活躍を描く刑事ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(前作と同一タイトル)を放送する。

前作『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』は、2018年7月クールの月9ドラマとして放送され、平均視聴率12.4%(関西地区)の高視聴率を獲得(関東地区平均視聴率10.6%)。さらに今年4月には、国際メディアコンクール「ニューヨーク・フェスティバル」のエンターテインメント・ドラマ部門で銅賞を受賞。国際的にも高い評価を受けた『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』が今冬、スケールアップして帰って来る。

今作『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』は前作同様、主演に沢村一樹を迎え、横山裕、本田翼が出演する。そして、今回新たに水野美紀、森永悠希、高杉真宙、上杉柊平、柄本明の出演が決定した。また、前作で捜査一課刑事の早川誠二(はやかわ・せいじ)を演じたマギーも同役で出演する。

水野が演じるのは、法務省官僚で、井沢範人(いざわ・のりと/沢村一樹)、山内徹(やまうち・とおる/横山裕)、小田切唯(おだぎり・ゆい/本田翼)が所属する「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の統括責任者・香坂朱里(こうさか・あかり)。警察内でその存在が公のものとなったミハンだが、国民を監視し個人情報を許可なく使って捜査していることはもちろん国民には知らされていない。香坂は法務省官僚ながら、ミハンの法制化を警察には任せられないとし、自らミハン統括責任者に志願したが、井沢はその真意に疑問を抱いている。一方の香坂も井沢を危険視しており、二人の間には常に緊迫感のある空気が流れる。現在放送中の連続テレビ小説『スカーレット』(NHK/2019年9月〜)では主人公が姉のように慕うボサボサ頭の新聞記者を、『奪い愛、夏』(AbemaTV/2019年8月〜9月)では主人公のIT社長を怪演するなど、今や演技派女優として引っ張りだこの水野がどのような捜査班のリーダーを演じるのか。また、本作では久しぶりにアクションにも挑戦、かつてアクション女優としても高く評価された水野がどんなアクションを披露するのかにも注目が集まる。

柄本が演じるのは、コンピューターに向き合うことに疲れた伝説の天才ハッカー・加賀美聡介(かがみ・そうすけ)。生来の新しいモノ好きで、黎明(れいめい)期からコンピューターの世界に深く関わり、世界的なクラッカー逮捕に協力した逸話を持つ。香坂はその知識や技術をミハンの捜査にいかし、ホワイトハッカー(高度な知識や技術を善良な目的にいかす者)として活躍することを期待していたが、コンピューターへの情熱を失った加賀美は、むしろミハンの潜入捜査に興味津々。超マイペースな性格で、捜査への協力も気分次第という自由人。御年71歳になる柄本が、どんな潜入捜査官を演じてくれるのか。

森永が演じるのは、新人研修でミハンに配属されたキャリア警察官・吉岡拓海(よしおか・たくみ)。エリートの自分がいわくつきの部署に配属されたことを不服に思っており、ミハンならではの違法捜査は自身の出世に傷がつくと消極的な態度をとる。しかし、実は天才子役だったという過去を持つ吉岡は、潜入捜査時の役作りにだけは異様な執念を見せ、他の捜査官たちの芝居にもいちいち口出しをする。また、年上だが階級は下の小田切と度々口論になり、小田切に叩かれた回数をデスノートにメモするなどコミカルな一面も。

高杉は男性恐怖症の小田切が初めて心を開くことになるスポーツカメラマン・篠田浩輝(しのだ・ひろき)を、上杉は香坂とともに法務省から派遣されてきた官僚・北見俊哉(きたみ・としや)をそれぞれ演じる。高杉は『モンテ・クリスト伯−華麗なる復讐−』(2018年4月クール)、上杉は『トレース〜科捜研の男〜』(2019年1月クール)以来のフジテレビ系連続ドラマ出演となる。

今作は、大規模なテロが今まさに起きようとしている数カ月後の未来から物語が始まる。何者かによって渋谷、新宿、霞ヶ関をはじめとした複数の場所に警戒最大レベルの爆発物が仕掛けられ、官邸からは非常事態宣言が発動される。SATや爆発物処理班が出動する中、ミハンの山内と小田切も捜査に参加。小田切が爆発物の捜索をする中で入った部屋には、拳銃を手にした男性が立ち尽くし、目の前には銃殺された女性が横たわっていた。涙を浮かべ立ち尽くしている男性は、なんと井沢。驚きで声も出せない小田切。犯罪者に対する憤りから刑事としての一線を越えてしまった井沢が女性を殺したのか!?殺された女性は一体誰なのか!?そして、井沢の涙の意味とは!?現在時制では、毎話新たな事件に挑み、未然に犯罪を防いでいくミハンの捜査員たち。しかし、いずれ来たるべき未来に向かって物語は次第にリンクしていく――。

冒頭から謎が謎を呼ぶ、全く予想のつかないストーリー展開はもちろん、新メンバーを迎えることによってドラマ全体に巻き起こる良質な化学反応にも注目してほしい。アクションシーンを含め前作をはるかに凌駕(りょうが)する圧倒的なスケールでお送りする『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』に乞うご期待!

【コメント】

●水野美紀 

「このシリーズに参戦できることをとても光栄に思っております。私の演じる香坂朱里という女性は、法務省の官僚でありミハンの統括者。隙のない女性です。コメディー要素の全くない女性を演じるのが久し振りで緊張しています。大学中退、つまり最終学歴が高卒の私なのでかなり背伸びして役作りをしていることにも緊張しております。ピチッとスーツを着て、背筋の伸びる気分です。後半、彼女の隠された過去が明かされていきます。ミハンの皆さんとの関わりを楽しみつつ、しっかり役割を果たしたいと思います」

●柄本明

「伝説のハッカーなのに、コンピューターに飽きており、むしろ潜入捜査に興味を持っている超マイペースな加賀美を演じます。ご覧いただけたら幸いです」

●森永悠希

「一視聴者として大好きな『絶対零度』に、僕が新たなメンバーとして参加させていただけるなんて・・・!と大変うれしく、そして光栄に思っております。今回演じさせていただく吉岡拓海は新人キャリアであるのと同時に一癖ある経歴の持ち主。その経歴に演じる僕自身がプレッシャーをかけられているのですが(笑)、頑張りたいと思います。シリーズに、新しいけれどしっかり混ざる色を落とせるように努めて参りたいと思います。よろしくお願いします!」

●高杉真宙

「今回篠田浩暉役で出演させていただくことになりました。長年愛されている『絶対零度』に参加させていただけるうれしさと途中から参加させていただく緊張もあり、初日を終えた今でもどこか気を抜けずにいます。パワフルでステキな皆さんと篠田を生き抜きたいと思います。よろしくお願いします」

●上杉柊平

「法務省官僚の北見俊哉として出演させていただきます。『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』に、新たに参加させていただけることを、とてもうれしく思っています。非常にクセのあるキャラクター達の中で、何が正義で、何が正解なのか、という答えの無い問いに僕も頭を抱えて過ごしたいと思います。ミハンの皆さんとご一緒できることが楽しみです。皆さまもお楽しみに!」

●マギー

「ミハンチームの続編に早川刑事、続投!もちろん一番喜んでいるのは僕自身です。むしろ僕だけかもしれません(笑)。今回こそミハンメンバーたちのスタイリッシュな捜査に加わりたいのですが、アクションは無理かなぁ。なので、このドラマのもうひとつの魅力であるキャラクターたちの人間臭さ、早川刑事の苦虫をかみ潰したようなおっさん臭さを全面に出して大好きな作品の一端を担いたいと思います!」

【番組関連データ】

◆『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』

放送期間:2010年4月13日(火)〜6月22日(火)午後9時〜9時54分 全11話

平均視聴率:14.4% 最高視聴率:18.0%

<2010年4月13日(火)放送 第1話>

◆金曜プレステージ『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜Special』

放送日時:2011年7月8日(金)午後9時〜11時22分

視聴率:16.0%

◆『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜』

放送期間:2011年7月12日(火)〜9月20日(火)午後9時〜9時54分 全11話

平均視聴率:13.8% 最高視聴率:16.6%

<2011年7月12日(火)放送 第1話>

◆『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』

放送期間:2018年7月9日(月)〜9月10日(月)午後9時〜9時54分 全10話

平均視聴率:12.4% 最高視聴率:15.0%

<2018年7月30日(月)放送 第4話>

◆シリーズ総平均視聴率:12.8%

※視聴率は全て関西地区(ビデオリサーチ調べ)

【番組概要】

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』

<放送日時>

1月6日スタート 毎週(月) 午後9時〜9時54分 初回30分拡大(午後9時〜10時24分)

<出演>

沢村一樹 横山 裕 本田 翼 森永悠希 高杉真宙 上杉柊平 マギー / 水野美紀 柄本 明 他

<スタッフ>

脚本:浜田秀哉

音楽:横山 克

企画:稲葉直人

プロデュース:永井麗子、関本純一 演出:石川淳一、品田俊介 他

制作:フジテレビ

制作著作:共同テレビ

<オフィシャルサイト>

https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/

公式Twitter

https://twitter.com/zettai_0_mihan

公式LINE

https://line.naver.jp/ti/p/@zettai-reido-mihan