日曜深夜放送中のアニメ『後宮の烏』。
後宮の奥深くに住んでいる、妃でありながら夜伽(よとぎ)をしない特別な妃・烏妃(うひ)。
その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、少女だったと言う者もいた。
烏妃の名前は寿雪(じゅせつ)。
彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物さがしまで、何でも引き受けてくれるという。
時の皇帝・高峻(こうしゅん)は、ある依頼のため寿雪の元を訪れる。
二人の巡り合わせは、運命を変える出会いとなる―――。

特別な妃・寿雪を中心に展開する、優しくも切ないドラマが特徴の中華幻想譚だ。
今回はそんな「後宮の烏」の魅力を3週連続でお届け。
最終回は、シリーズ構成を担当する大島里美さんにインタビュー!


●『後宮の烏』の原作を読まれたときの、率直なご感想をお聞かせください。

大島さん:烏妃・寿雪と皇帝・高峻のお互いを尊重しあった、もどかしくも優しい距離感に惹かれました。さまざまな幽鬼が織りなす切ない物語と、寿雪が暮らす夜明宮から「烏妃とは何者なのか?」という問いに答えるように、外へ外へと広がっていく物語に、ダイナミックさを感じました。


●大島さんはカンテレのドラマ『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』の脚本も担当していただきました。普段はドラマや映画などの実写に携わることが多いと思われますが、アニメと実写の脚本を書かれる際に何か違いなどございますか?

大島さん:大きな違いは感じていないのですが、実写ドラマで「撮影は可能だろうか」と考えてしまうような表現も、アニメでは自由に想像できる部分はあるかと思います。
例えばオープニングの海を渡る烏漣娘娘(うれんにゃんにゃん)のシーンや、烏妃の秘密の歴史をめぐる回想シーンなどです。


●アニメ完成後の「こうなったのか!」といった、驚きがあったシーンはございますでしょうか。

大島さん:回想に使われる影絵が、どうなるのか予想がつかなかったのですが、毎回とても凝っていて、どこか不気味さもあって、とても印象的なシーンになっているなと思いました。
あとは化鳥の星星の体当たりアタックが想像よりも激しかったですね。




●原作には様々なキャラクターが出てきますが、大島さんの推しキャラクターは誰でしょうか?

大島さん:動物も含めると星星なのですが、人物ではやはり寿雪ですね。
年に不相応な腹の据わりかたと、お菓子にとことん弱いかわいい部分、根っこに流れる人への優しさ、つい放っておけなくなる愛らしい主人公だと思います。




『後宮の烏』は毎週日曜深夜放送!
第6話 11月13日26時29分〜
第7話 11月13日26時59分〜
放送となります。

第七話「玻璃(はり)に祈る」
前王朝の⾎を引く冰⽉(ひょうげつ)と明珠公主は、結婚の約束を果たせないまま戦の中で亡くなった。死後、幽⻤となった冰⽉は、同じく幽⻤になりさまよう明珠公主を柳の下で⾒つけたが、呼びかけても反応がない。その公主を救うため、冰⽉は楽⼟へ渡らず留まり続けていたのである。⼿を尽くしたが公主は呼びかけに応えてくれないままだった。
どうすれば公主を救えるのか。寿雪はひとつの仮説を⽴てていた。

『後宮の烏』TVerでも配信中!
寿雪と高峻。二人の運命を、ぜひ見届けてください!

アニメ公式HP:https://kokyu-anime.com/