熊本地震の被災地を支援するチャリティーコンサートが5日、東京都新宿区の四谷区民ホールであった。童謡歌手の大庭照子さんと下司愉宇起[しもじゆうき]さん、ピアニストの原美千代さん(いずれも熊本市出身)らが、童謡やクラシックの曲を披露。約350人の観客を楽しませた。

 東京熊本県人会(林田紀久男会長)が、昨年に続いて開いた。熊本地震で西原村の自宅が全壊した大庭さんは「帰る家はなくなってしまったが、故郷への思いはますます強くなった。熊本のために歌えて本当にうれしい」。

 フィナーレは、くまモンが登場。出演者と観客が「ふるさと」を合唱した。県人会は、入場料と寄付金を県に寄付する。(嶋田昇平)