熊本市のNPO法人しらさぎ(沼田百合子理事長)は5日、八代市松江城町の八代城跡で石垣の除草や清掃活動を実施した。

 同NPOは、白鷺電気工業(熊本市)の地域貢献組織。社員らが鉄塔整備など高所作業の技術を生かし、ほぼ毎年実施しており、17回目。今年は約170人が参加した。

 午前7時半ごろ作業を開始。腰にごみ袋を下げた社員らは、本丸の石垣をロープ伝いに降りながら、石の隙間に生えた雑草を鎌やはさみで取り除いた。城内では女性や社員の子どもらが雑草を抜き、落ち葉を集めた。

 3回目の参加という社員の池田拓也さん(26)は「熊本地震で昨年は除草できなかったので、いつもより茂っている。作業が大変です」と汗を拭った。(中村悠)