第99回全国高校野球選手権大会第4日は11日、甲子園球場で1回戦4試合を行い、県代表で甲子園4季連続出場の秀岳館は、6−4で横浜(神奈川)を下し、初戦を突破した。

 秀岳館は初回、先頭の竹輪涼介が右翼線に三塁打を放つと、続く半情冬馬の犠飛で先制。木本凌雅、廣部就平、田浦文丸の中軸が3連打を浴びせ、3得点で主導権を握った。4−1の七回には、2死満塁で代打の橋口将崇が右前へ弾き返す2点適時打を放ちダメ押し。投げては先発の川端健斗が6回を1失点と好投し、七回に代わった田浦文丸は3点本塁打を浴びたものの、八、九回は危なげない投球で逃げ切った。

 ほかの3試合は、広陵(広島)が10−6で中京大中京(愛知)を破り、智弁和歌山は9−6で興南(沖縄)に打ち勝った。2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭は米子松蔭(鳥取)を8−1と圧倒した。大阪桐蔭は夏30勝目。

 秀岳館の2回戦は大会第9日の第1試合(16日午前9時半開始予定)で、広陵と対戦する。(丁将広)