玉名市の市立歴史博物館で、戦時中の生活品を通じて当時の市民の暮らしぶりを紹介する「戦時下の暮らし展」が開かれている。9月3日まで。

 同館が終戦記念日がある夏に合わせて企画した。たんすやミシン台、防火用バケツといった生活用品のほか、出征前の写真や射撃訓練をする旧制玉名中(現玉名高)の生徒の写真など計31点を展示している。

 また同館は、玉名市出身の日本画家・故川本末雄氏の作品25点を集めた企画展も開催している(10月1日まで)。同館TEL0968(74)3989。(木村馨一)