宮城県仙台市で行われた全国高校総合体育大会(インターハイ)「はばたけ世界へ 南東北総体2017」の剣道競技会は12日、男女団体、個人の決勝までを行い、男子個人で岩切勇磨(九州学院)が初優勝した。県勢男子の制覇は、昨年の星子啓太(同)に続き2年連続で、計6人目。男子団体の九州学院は決勝トーナメント1回戦で水戸葵陵(茨城)に敗れ、インターハイ5連覇、4年連続高校3冠を逃した。