20日の「父の日」に向けた商戦が熊本県内で本格化している。各店は、新型コロナウイルスの影響で増えた「おうち時間」を楽しむアイテムを充実させたほか、オンライン販売を強化し、「コロナ下で頑張るお父さんへ感謝を贈ろう」とアピールしている。

 熊本市西区に4月開業した「アミュプラザくまもと」の「ハンズ ビー」では、コロナ禍で飲みに行けない父親を意識した「家飲み」用の商品が人気を集める。

 缶に装着するだけで居酒屋で出てくるビールのようなクリーミーな泡が楽しめるグッズや、注いだビールを適温に保てるジョッキを選ぶ人が目立つという。「『おうち時間』をお父さんと一緒に楽しめる商品を充実させた」と権丈聡司店長(41)。

 ゆめタウン光の森(菊陽町)も、“イエナカ需要”に対応した商品をそろえた。座椅子型の腹筋マシーンなど自宅で気軽に使えるトレーニング機器のほか、炭酸水が簡単に作れる装置やタンブラーといった家飲み関連が売れ筋だという。

 鶴屋百貨店(熊本市中央区)は、20日まで「父の日フェア」を開催中。外出や帰省を控える人を念頭に、オンラインショップの取り扱いを約500点に増やした。「牛肉や県産スイカなど家族みんなで楽しめる農産物や、県産の焼酎などが人気」(同店)という。

 鶴屋では、子どもが父親に感謝を伝える「お父さん通知表」を初めて企画。「りょうりができる」など16項目を3段階で評価する内容で、1階案内所などで無料配布している。

 ホテル日航熊本(熊本市中央区)は、「父の日・大黒柱ロールケーキ」(1500円)を18〜20日の3日間限定で販売する。県産米粉を使ったふわふわの生地で、バナナと風味豊かなショコラクリームを包んだ。15日まで電話予約を受け付けている。(東有咲、清水咲彩)