日頃のごはん作りって、目指すのは節約だったり時短だったり。それも大事なことですが、やはりきちんと作ったステキ♡な一皿を前にすると、作った本人も家族も気持ちがアガりますよね。そんな美しすぎる、でも簡単なごはん&スイーツ作りが得意なY'sさんのレシピ。投稿の中からまとめて20点ご紹介します!

■イベント料理は普通の材料で華やかに

■低糖質でヘルシー☆タンドリーチキンのボリュームサラダ

【材料 (4人分)】
レタス :4枚
マッシュルーム:2個
タンドリーチキン風 国産鶏サラダチキン:1個
トマト :1個
胡瓜:1本
A玉ねぎ(みじん切り) :大さじ2
Aオリーブオイル:大さじ2
A酢 :大さじ1
A塩 :2つまみ
A胡椒 :少々

人気のサラダチキンですが、タンドリーチキンふうとなると、どうアレンジしたら良いか迷うところ。Y‘sさんはたっぷりの野菜にドーンとのせてボリューム満点のおかずサラダに。

■バラの花サーモンのリースサラダ

【材料 (4人分)】
サーモン(刺身用) :8枚
ベビーリーフ :1パック(30g)
胡瓜(スライス):4枚
サニーレタス :2枚
プチトマト(赤・黄) :各2個
■ ドレッシング
玉ねぎ(みじん切り) :大さじ2
オリーブオイル :大さじ2
酢 :大さじ1
塩 :小さじ1/3
胡椒:少々

サーモンをバラ、きゅうりをリボンに見立てたリースの形のサラダ。クリスマスはもちろん、ふだんのホームパーティーでも、ゴージャスなおもてなしの一皿になります。

■サーモンといくらの彩りカップ寿司

【材料 (6人分)】
スモークサーモン :24枚
大葉 :6枚
卵 :3個
ご飯 :3膳分
胡瓜 :1本
いくら :大さじ6
ゆかり :大さじ2
きび砂糖 :大さじ1
ごま油(白) :適量

小さなちらし寿司をカップで! ごはんと重ねるきゅうりや卵も、外側から見えることをちゃんと計算してきれいに仕上げる細やかさ。計量を全て大さじでできるように、というY’sさんの工夫が嬉しいレシピです。

■たこ焼き器で☆ひとくち肉巻きおにぎり

【材料 (16個分)】
ご飯 :400g
しゃぶしゃぶ用豚肉 :16枚
白いりごま :少々
■たれ
醤油・みりん :各大さじ1と1/3
砂糖 :大さじ1

みんな大好き♡肉巻きおにぎりをこんなにかわいくしちゃいました。コロコロまあるいおにぎりがお弁当に入っていたら、子どもも喜びますよね。たこ焼きパーティーのシメにも最高です。

■クリスマスリースのハリハリ鍋

【材料 (2人分)】
豚肉(しゃぶしゃぶ用):200g
白菜:200g
水菜:1/2袋
うずらの水煮:4個
プチトマト(黄):4個
プチトマト(赤):3個
人参・カニカマ・黒ゴマ:各適量
だし汁:3カップ

食卓に出すところから大盛り上がり間違いなしのクリスマス鍋。今年のクリスマスは和風に鍋はいかがですか? だしでいただくトマトが意外なおいしさという、Y’sさんの発見が詰まったお鍋です。

■ふだんのおかずは簡単さがいちばん!

■柔らか豚肉とパプリカの黒酢炒め

【材料 (2~3人分)】
豚切り落とし肉 :300g
赤・黄パプリカ :各 1個
小ねぎ(小口切り) :2本
醤油・黒酢・砂糖:各大さじ2
片栗粉:大さじ2
ごま油:多め

手頃な切り落としで作っても、どこか品よくエレガントにまとまるY’sさんのレシピ。何度も作っている慣れたおかずでも、毎回きちんと素材に向き合って、ベストな状態に調理する、というモチベーションの高さを見習いたい♪

■トマトで爽やか☆ピリ辛ゆで豚

【材料 (2人分)】
豚肉しゃぶしゃぶ用:100g
きゅうり: 1本
■ たれ
トマト: 1/2個
にんにく :1/4個
醤油 :大さじ1
砂糖、ラー油 : 各小さじ1
酢 :小さじ1/2
コショウ :少々

肉と野菜も同時に摂れてバランスも◎な一皿。ピリ辛のタレに、トマトの甘みと酸味がマッチして、いくらでも食べられそう。細長い角皿にずらっと並べる盛り付けアイデアも真似したいですね。

■ラムチョップのガーリックハーブパン粉焼き

【材料 (2人分)】
ラムチョップ :4本
にんにく :1片
パン粉 :大さじ2
タイム :少々
塩 :2つまみ
コショウ :少々
オリーブオイル:少々

ラムチョップって、焼くだけ、揚げるだけで豪華に見えるお得なお肉。シンプルな付け合わせでもゴージャス感たっぷりで、たまにはこんなご馳走ふう晩ごはんも楽しみたい!

■ビニール袋で簡単☆ツナと胡瓜のピリ辛和え

【材料 (作りやすい分量)】
胡瓜:2本
ツナ缶(オイル漬け) :1個(70g)
塩:2つまみ
ラー油:少々

包丁もいらず、目分量で作れるので、多少酔っ払っていても大丈夫、という簡単なおかずおつまみ。きゅうりは包丁で切るよりも、叩き割った方が味がからんでおいしいんです。

■ささみとオクラの梅おかか和え

【材料 (2人分)】
ささみ :1本
オクラ :1袋
梅干し :1個
鰹節・醤油 :各適量

しっとりささみとネバネバのオクラをかつお節の旨みと梅干しの酸味で爽やかに。ビニール袋で作るので、洗い物も少なく作れるのが嬉しいですね。お気に入りの小鉢にちょこんと盛ってよそ行きふうに。

■おしゃれで簡単♪パスタとスープ

■海老のトマトクリームワンポットパスタ

【材料 (2人分)】
パスタ (1.4mm) :160g
海老 :8尾
にんにく(みじん切り) :1片
玉ねぎ(スライス) :1/4個
トマト缶(カット)・牛乳・水 :各1カップ
顆粒コンソメ :小さじ1
白ワイン・オリーブオイル :各少々
塩、胡椒 :適量

大きなエビがゴロンと入った贅沢パスタ。スパゲティーは半分に折ってフライパンで「煮」ます。本格的な味なのに、ワンポット=ひとつのフライパンだけで出来るというところがY‘sさんらしいですね。

■和風カルボナーラ

【材料 (2人分)】
パスタ:200g
粉チーズ(パルメザン) :30g
鰹節(小分けタイプ): 1パック(5g)
小ねぎ :2本
卵:2個
醤油 :小さじ1
塩 :少々

チーズとかつお節って確かに相性抜群ですよね。お醤油をからめたらなおのこと♡ 具らしい具は入っていないのにおいしすぎて、あっという間にペロリといってしまう恐ろしいパスタです。

■ワンポットパスタ☆挽肉と蓮根のボロネーゼ

【材料 (2人分)】
水 :300ml
トマト缶(カットタイプ) :200g
パスタ :160g
合びき肉・蓮根 :各100g
にんにく :1片
玉ねぎ :1/4個
塩 :2つまみ
顆粒鶏がらスープの素 :小さじ1
パルメザンチーズ :少々
胡椒・オリーブオイル :各適量

蓮根と合い挽き肉を同量で作るヘルシーなミートソース。トッピングにはおろしたパルメザンチーズをたっぷりと。蓮根のサイズを大きめにすると、シャキシャキの食感をより楽しめるかもしれません。

■3分煮るだけ☆鶏挽肉と白菜の春雨スープ

【材料 (1人分)】
鶏挽肉 :50g
白菜 :4分の1カット1枚
春雨 :10g
細ねぎ(小口切り) :少々
水 :200ml
塩コショウ :適量
胡麻油 :少々

鶏ひき肉の自然な旨みで、コンソメ不要のやさしい味のスープ。白菜もたっぷり食べられて、体も温まり、冬場の朝ごはんにもぴったりです。

■アサリと豆腐の味噌チゲスープ

【材料 (1人分)】
水 :150ml
アサリ:100g
キムチ :25g
万能ねぎ(小口切り) :1本
生姜 :1/2片
豆腐:1/4個
味噌 :小さじ1
ごま油・胡椒 :少々

生姜のきいたピリ辛スープで体の芯からぽっかぽかに。あさりの旨みを生かしているので調味料は潔く味噌だけ。ごま油を少し入れると風味とコクがアップします。

■すぐに作れるお手軽スイーツ

■混ぜて焼くだけの極上スイーツ♡苺のフラン

【材料 (2人分)】
生クリーム:200ml
いちご:8個
卵:1個
きび砂糖:50g
バニラオイル:3滴

生クリームと卵のクリーミーで濃厚なフラン生地に、いちごの酸味が爽やかなアクセントを添えます。作り方は、材料を混ぜて耐熱容器で焼くだけ。オーブンにおまかせでできるのでホームパーティーなど準備の忙しい日にもぴったりです。

■材料3つ! マシュマロの超簡単レアチーズケーキ

【材料 (1人分)】
マシュマロ :20g
クリームチーズ :1個(18g)
ヨーグルト(無糖) :50g

材料3つでできる、信じられない簡単さ。マシュマロをチンして使うので、ゼラチンをふやかして煮溶かして、なんていうプロセスもいりません。好みのジャムなどを添えて召し上がれ。

■マンゴーとココナッツミルクのチェー

【材料 (2人分)】
冷凍マンゴー :100g
ココナッツミルク缶 :100g
牛乳 :100ml
タピオカ :20g
きび砂糖 :大さじ2

ベトナムのスイーツ「チェー」もささっとホームメイドで。甘いココナッツミルと下にあるマンゴーピューレを混ぜながらいただくと、味の変化も楽しめます。

■苺ソースのパンナコッタ

【材料 (5人分)】
牛乳 :300ml
生クリーム :200ml
砂糖 :大さじ3
ゼラチンパウダー :10g
バニラエッセンス :少々
苺:200g
きび砂糖:大さじ2
レモン汁 :少々

クリーミーなパンナコッタに、甘酸っぱい苺のソースを合わせて。パンナコッタが濃厚なので、苺ソースは砂糖控えめ、火を通して煮詰めずに、さらりとした状態でいっしょにいただきます。

■カルダモン香る♪大人のトリュフ

【材料 (20個分)】
チョコレート:200g
生クリーム :100ml
カルダモン:小さじ1
ココアパウダー(無糖) :適量

爽やかな香りが特徴のスパイス「カルダモン」を混ぜ込んだちょっと大人味のトリュフ。チョコレートを丸める時は、手につかなくなるくらいまで冷やし固めると、手につかず、きれいに仕上がります。

おかずでもスイーツでも、いらない手間はかけない、不要な部分をそぎ落とす!と、そんな気迫さえ感じるY‘sさんのレシピ。忙しい毎日の中で、これは嬉しいことですよね。そして手間抜きと見た目の良さが両立しているところも素晴らしい♪ おいしそう&美しい出来上がり写真は、いつまでも眺めていたいくらいです。

まとめ/伊波裕子