家族や子どもの寝言や寝相にビックリした経験がある方は多いのではないでしょうか?
最初は心配しても、だんだん笑えてきちゃいますよね。
「主婦100人!アンケート隊」の皆さんに、自分含め家族のおもしろ寝姿エピソードを聞いてみました。

お仕事&勉強お疲れさまです…

「看護師をしていた頃、夜勤明けで自宅の部屋で寝ていて、母が部屋に入ってきたら私はむくっと起きて『はい、どうされましたか?』と言ってパタッと寝たらしい」(雪だるま・32才)

「夜中に目覚めると、旦那が寝言で仕事場の人と延々と喋っており、それを延々と聞きながら眠った」(ちえぞう・50才)

「夫の寝言は仕事がらみが多い。
『バカヤロー、ふざけんなよ』と怒鳴る時もあれば、お客さんへの対応なのか『それはですね〜、○○が良いと思いますよ〜』と丁寧に話していることも」(コタツ・38才)

「子どもが夜中に何度も何度も『はい!』と元気よく叫んだ日があった。
翌日聞くと、学校の授業でがんばって手を挙げていたそう」(なお・43才)

「幼稚園の息子が、運動会で発表する鼓笛の練習が厳しかったらしく、夜中に『できなくてごめんなさい!』と叫んだ。
ちょっとかわいそうだったけど、がんばっているんだな〜としみじみ」(タッキー019・44才)

会社や学校でがんばっている家族、夢の中でもきっと一生懸命やっているんだろうな…というエピソード。
起きたらやさしく労わってあげたいですね。

ちょっと物騒な寝言

「夜中に主人がうなされ暴れ出したので『どうしたの?』と聞くと、『戦ってるんや!…あっカラス!』と蹴りを入れられた」(匿名希望・48才)

「寝言で旦那に向かって『死刑!』と叫んだらしい。翌朝聞かされた」(mayu・44才)

「夢で誰かに刺されそうになり、“殺られる前に殺らないと”と思い腕を振りかざした瞬間に目が覚めた。
時すでに遅し、隣の夫のお腹に拳を振り落としていた。
『ゴフォ!…な、何?』と飛び起きた主人。
私『殺られる前に殺らないとと思って…』主人『そうか…じゃあ仕方ないね』とお互い寝ぼけたまま平和にそのまま寝て、翌朝謝った」(匿名希望・37才)

「寝ているとき、夫がいきなり『もう帰る』と言った」(うたこおばさん・46才)

「寝ている娘の顔に保湿クリームを塗ったら、寝言で『ちっ!』と舌打ちされた」(ここしーママ・42才)

一触即発!夢で何かと戦うことって結構ありますよね。
思ってもいない激しい言葉が出ちゃって、起きた後知って冷や汗…なんてことも。

どんな夢を見てるの?

「娘が小4の頃、夜中に突然起きあがり『やっぱりイカじゃないとダメだ!』と言ってまた寝た…」(りんご・39才)

「夫がいきなり『ナムミョウホウレンゲキョ!!』と大声でお経を唱えた。
踏み絵をさせられる夢をみたらしい」(なおぷ・35才)

「視力が良いのに、『メガネ…メガネ…』とメガネを探す夢を見ていた」(Reeeee・34才)

「息子は『モグモグ』という寝言を言った数日以内にかならず熱を出す。
本人に聞いても何の夢なのか覚えておらず、謎」(へちまエンジン・35才)

突拍子もない寝言を聞いちゃうと、見ている夢の内容が気になって仕方なくなります。
できれば覚えていてほしい〜!

寝ぼけてビックリ行動

「夜中に夫がリビングで誰かと電話していて、起きているのかと部屋に入ったら寝ながらモゴモゴ喋っていた。
しっかり発信履歴があって冷や汗」(匿名・41才)

「息子が寝ているとき急に怒ってなにか叫んで立ち上がり、言い終わったらそのまま寝た。
翌朝聞いてもまったく覚えていない」(あのしゃ・48才)

「朝、目覚ましが鳴り起きた娘。
突然エアコンのリモコンを時計に向かってピッピッと押しまくっていた。
当然鳴りやまず、するとすごい形相で時計をひっつかみ、電池を取り出して投げ捨ててまた寝た…」(匿名希望・40才)

「娘が急にむっくり起き上がり正座したあと、数分してまた横になってビックリした」(匿名希望・33才)

寝ぼけている状態の人って、予想もつかないことをおっぱじめることもあるので、けっこう怖いですよね。
ケガや迷惑にならない範囲なら、家族の笑い話に♪

子どものほっこり寝姿

「反抗期真っ最中の娘だが、寝ている時は赤ちゃんの頃のように両手をあげガニ股。
それを見るとちょっとホッとする」(匿名希望・46才)

「下の子が、いつもお姉ちゃんと遊んでいる夢を見ているようで、ケラケラ笑いだし『お姉ちゃんやめてよ〜』と楽しそうに笑っている。
そのケラケラが最初は可愛かったけど、呪われているんじゃないかという笑い声でちょっと怖い」(ピロー・41才)

「息子たちは、わりといつも同じ寝相で寝ている。
時々寝言で言い争っていることもあって面白い」(さら・38才)

「子どもは毎晩ゴロゴロ転げまわっている。
先日は毛布を巻き込み、ツタンカーメンかイヌイットのようにぐるぐる巻きになっていた」(ケセラセラ・34才)

「小学生の息子が『おかあさーん!』と大声で寝言を言っていて、可愛いなと思った」(もんちゃん・44才)

子どもの寝顔&寝姿って、まるで赤ちゃんのような無邪気さで、日中の疲れが吹き飛ぶ可愛さですよね。
元気すぎてベッドから落ちたりしないようにお気をつけて。

アクロバティックな寝相

「4才の娘が枕元できれいに前転して、かかとがパパの顔にクリティカルヒット!」(匿名希望・38才)

「子ども達はよく上下逆になっている。また、娘と息子が入れ替わっている。
もしくは誰もいなくなっている」(ユウコ・38才)

「子どもに『ママの寝相はマリオのブロックこわすジャンプの格好』と言われた」(匿名希望・42才)

「親子でおんなじ寝相。
お尻を上げてうつ伏せで寝ている旦那&子ども。愛しさしかない!」(ままま・34才)

「かならず次女がお父さんに対して垂直に寝ている。ほぼ毎日」(ぐりこ・43才)

「三人兄弟で一緒に寝かせていたとき、三人同じ向きで同じ寝相で寝ていて、可愛かった〜」(なおとも2・48才)

特に子どもの寝相ってけっこう激しいですよね。
「きょうだいで同じ寝相」「親子で同じ寝相」というシンクロエピソードは特に多くみられました♪

おもしろい寝言や寝相は微笑ましいもの。
でもあんまりひどい時はストレスや病気のこともあるようなので、家族同士でよく観察しあいたいですね。

文/小林みほ