冬の旬野菜の代表といえば『大根』。みずみずしくて甘みをたっぷりと蓄えたこの時期の大根を余すことなくおいしく味わえるレシピを紹介します。(レシピと写真:青山金魚)

大根は、葉の部分、そして根は3つに分けて使います。

大根の根の部分はビタミンCや消化酵素が豊富です。それ以上に、皮はビタミンCが根の2倍、葉はβカロテンやカルシウムが多いので、捨てずに率先して食べたい部分でもあります。

レシピの前にみなさんに質問!

なぜ皮を厚めにむくの?
もったいないからと薄切りにしてない?

皮を厚くむく理由は、食べ心地。

輪切りの大根をよくみると、皮に近い部分に繊維が通っているのがわかると思います。
(皮から内側にむかって、縦筋が放射線状にある部分)
加熱してもその部分だけが「筋っぽくなる」ので、皮は3〜4ミリ厚ほどに厚くむくのです。

それでは!

大根の根の部分を、上・中央・下部の3つに分けて、それぞれの特徴に合った簡単料理をご紹介いたします。

大根の部位のなかで、一番甘みがある部分ですので、加熱しないお料理に向いています。
うす〜〜〜くスライスして、和風ドレッシングをかけてサラダにしてもいいですし、お漬物にもピッタリ。

今回は、ちょっと目先を変えて、旬の果物と合わせたピクルスに変身!なんてどうでしょう。
お子さんでも美味しく食べられて、あとでご紹介するスパイスをちょい足しすることで、お酒のお供にもなる万能ピクルスです。

レシピ01:
大根とりんごのピクルス
〜オレンジ風味〜

=材料(4人分)=
大根(上の部分から) 240g
りんご 1/2個
オレンジの皮 10g
ミツカン カンタン酢(または、りんご酢)適量
はちみつ 適宜(無くても可・甘みがもっと欲しい場合のみ)

1.大根は皮をむき、1cm角の棒状に切る。りんごも細く棒状に切る。オレンジの皮はワックスを落とし、細く刻む。

2.1を密閉袋(または密閉できる瓶)に詰め、カンタン酢(またはリンゴ酢)を全体が漬かる量を加え、半日ほど漬ける。
※もっと甘めにしたいときはお好みではちみつを加える。

▶▷▷Point
オトナのお好みちょい足しアイテム提案♪

シンプルに作ったピクルスに、スパイスをちょっと加えるだけで、劇的に進化をとげます。

例えば、クミンパウダーを加えると、ぐっと「インドのお漬物」味に大変身。カレーの付け合わせにもgood!
粒マスタードや粒胡椒を加えると、ぐぐっとおつまみよりに。

続いて、大根の中央部を使います。

みなさんも、煮物やおでんなどで一番よく使っている部位かと思います。そんなおなじみ部分を使って、王道の「煮物」にひと工夫。「すき焼きのたれ」と「オレンジ」を使って、簡単に爽やかでこってり!甘辛爽の三拍子そろった、大根と牛肉のうま煮のご紹介です。

レシピ02:
こってり甘辛爽!
大根と牛肉のうま煮 

=材料(4人分)=
大根(葉に近い上の方)から 400g
牛肉(うすぎり肉) 200g
結びこんにゃく 8個
青ねぎの緑の部分 2本分
すき焼きのたれ(ストレート) 250ml
ごま油 大さじ1
(A)
オレンジスライス 1/2個分
すりおろししょうが・にんにく 各小さじ1
すき焼きのたれ(ストレート) 50ml

1.大根は皮をむき、1cmの厚さの半月切りにする。青ねぎは斜め切りにする。オレンジは皮をむきスライスする。

2.Aを混ぜ合わせ、牛肉と一緒に密閉袋に入れ、袋の上から手のひらで優しく揉み込み、しばらく置く。

▶▷▷Point
オレンジスライスを加えることで、爽やかな酸味と、味わいに深みを持たせます。爽やかな香りと酸味は肉特有の臭み消し効果にも。

3.その間に大根を耐熱皿に並べ、ふんわりとラップをして600wの電子レンジで6分加熱する。

▶▷▷Point
生のままから煮込むよりも断然「時短!」になるだけでのく、ほどよく水分が抜けるので、抜けた分、味が染み込みやすくなり、一石二鳥。

4.鍋にごま油を熱し、2を入れ、火が通ったら一旦取り出す。

5.4の空いた鍋に3の大根、結びこんにゃく、すき焼のたれを入れて熱し、煮立ったら火を弱め蓋をして10分煮込む。

6.4と青ねぎを加え、ざっくりと混ぜ合わせたら、蓋をして中火の弱火で3分煮込み出来上がり。

▶▷▷Point
お肉は入れっぱなしにせず、ほどよく焼いたら一旦取り出して置き、大根に味がしっかりと染みたところで、戻し入れるがポイントです。

ラストは、先端部の方。
この部分は「ちょっと辛みがあって、水分の少ない」。この特徴を活かしたレシピを紹介します。

レシピ03:
やみつき!かりっ!
じゅわ〜ん💛
フライド大根 

=材料=
大根 300g
あおのり 適宜(お好みで。無くても可)
(A)
米粉・鶏がらスープの素 1:1の適量
ガーリックパウダー 小さじ1

1.大根は皮つきのまま、たわしなどでよく洗い、縦長に細長く切る。

2.Aの米粉、鶏がらスープの素、ガーリックパウダーを混ぜ合わせ、1にまぶす。

▶▷▷Point
粉をまぶし、軽くはたいたらすぐに揚げます。時間がたつと大根の水分でべちゃっとなるので。

3.フライパンに油(分量外)を大根が隠れる程度入れて熱し、大根同士がくっつかないように入れ、きつね色にからりと揚げ、油をしっかりときる。

▶▷▷Point
油に入れたら「かちゃかちゃいじらない!」が鉄則。きつね色にカリッと揚がるまでガマンガマン。

※熱いうちにあおのりをぱらぱらと振っても美味しいですよ〜っ。

普段、大根を買ったり、いただいたりしても、煮物かおでんか大根おろしで終わっちゃうなぁ。
そんな方も、「いつも」からちょっと飛び出して、大根丸ごと1本手にしたら「いつもとちょっと違う」簡単アレンジ料理に挑戦してみませんか。

おっと、皮と葉も忘れておりませんよ。
https://kurashinista.jp/articles/detail/65030

青山金魚/フードクリエイター

暮らしニスタ大賞2016・2017準グランプリ受賞のご褒美に♥「暮らしニスタ第1号」として主婦の友社より著書:即決!選ばレシピを出版!2018年遂にグランプリを受賞「レシピ番長」の肩書をゲット♪ 料理レシピ、撮影手法・節約・DIY・日々の暮らし実録も投稿します。 平日会社員&週末フードクリエイター&中2男子 資格:NBA認定バーテンダー・ナチュラルフードコーディネーター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・大型免許・webデザイン

▶▶青山金魚さんの投稿ページはこちら。