「ああ、あのパパが私の夫だったらなぁ〜」なんて、よそのお宅の旦那さんが“隣の芝生”のように青々と見えたこと、ありますか?
比べるなんて不毛なことだけど、良いところを見るとついつい羨ましく思っちゃいますよね。リアルにはなかなか口に出せない「ここだけのハナシ」、聞いちゃいました。

妻と向き合い、思いやりのある夫

「料理や趣味についてたのしく会話できる旦那さん、ゆっくりお茶をしたりショッピングできる旦那さんはみんな羨ましい!うちの旦那はなんでも効率的で、余計なお店には行きたがらないから…」(茶々丸)

「奥さんにきちんと向き合ってくれる旦那さんは羨ましい。夫はいつも私を茶化してばかり。おしゃべりは楽しいし生活は成り立っているけど、大切にされているように感じられない」(ぱきぞう)

「友達夫婦は、晩酌が日課。その日あったことや考えていること、思い出や未来の計画なんかを夜更かしして話し明かすらしい。うちは『眠い』『疲れた』ばかりで、そんな楽しいおしゃべりをしたのは数十年前…」(匿名希望)


夫と妻は、長年連れ添う唯一無二のパートナー。相手のことを思いやって、仲良く時間を共有してくれる旦那様に多くの票が集まりました。でも、これができない男性って、意外と多いのです。

妻を“女性”として尊重してくれる夫

「奥さんをきちんと“女性”として扱っている旦那さんはステキ。うちは親友のような夫婦関係で対等で、それはそれで楽しいけれど、奥さんをか弱い女性として見ている夫婦を見るとあこがれちゃう」(へちまエンジン)

「2人で出かけるとき、しゃれたお店を全然知らない夫。エスコートしてくれたことは皆無!そんな時、お隣の営業のご主人がスマートに店を選び、デートコースのアレンジを毎回してくれるという話を聞いて羨ましくなる。でもたぶんそれはそれで色々面倒くさそうだし、別に今のままでいいか、といつも思う」(くりくりくり)

「誕生日やイベント時にはケーキやプレゼントを必ず用意してくれ、自分だけでなく妻の両親のことまで気を配れる…そんな素敵な姉の旦那さんが羨ましい!」(さ〜こ)

「子どもの誕生日に、毎年ママへもお花をプレゼントしてくれる友人の旦那様。“ママになって〇〇年、おめでとう。ありがとう」と感謝の言葉も…素敵だな〜〜〜」(ちゃこ)


恋人から妻になり、一家の「おかあさん」になったとしても、パートナーのことを1人の女性として尊重してくれる旦那様。奥さまはきっととても幸せなんだろうなぁ〜と思わざるを得ません。

子どもを“一緒に育てる”姿勢

「ママの自由時間を作るため、おにぎりを作って1日子どもと公園に遊びに行くパパが羨ましい。うちはどこに出かけるにもママの付き添いが必要。いい加減1人の時間がほしい!」(匿名希望)

「幼稚園の送迎バスに、毎朝パパが来てくれるお宅は羨ましい!ちゃんと役割分担しているんだろうなぁ」(マリッコ)

「買い物中に、抱っこひもで赤ちゃんを抱っこし荷物を持ってあげているパパさんはうらやましい!」(匿名希望)

「友達家族と集まるとき、自分の子どもやよその子どもみんなと積極的に遊んでくれている友達の夫を見て、あ〜うちの夫もこうだったらなあ…と思う」(にゃむぴす)


旦那さんが積極的に育児に参加してくれるのは、頼もしいしありがたいもの。“家族”というくくりの中で、パパの存在感がしっかりあるのはすごく大切なことに思えます。

思いやりある家事参加

「テレワークのあいだ、朝イチで掃除機をかけ、水回りの掃除をしてくれるという旦那さん。あちらもうちも同じ専業主婦で、テレワーク。私ばかりが疲れて老けてる気がする」(おつまみ)

「お隣の旦那さんは、いつも土曜の朝に子どもたちの靴や上履きをせっせと洗っている。それを見て『いいなあ〜』と毎週つぶやいている」(ちりん)

「友人の新居にお邪魔したとき、すすんで部屋の掃除機をかけていた!きれい好きっていいなあ」(kaana)


“見て見ぬフリ”しないで、ちゃんと家事もやろうとしてくれる…そんな出来た旦那様がこの日本に何人いるのでしょうか?特に最近はコロナ禍で旦那さんたちの在宅時間が増えていますから、積極的に参加してもらいたいのが本音ですよね。

亭主元気で留守がいい

「妹の旦那は出張が多く、月の半分と年末年始は不在。お土産もよくいただく。まだ子どもがいないので、妹は新築の広い家で1人、家事もそこそこに、優雅に暮らしている。羨ましい!姉である私はイヤイヤ期の息子を抱えて狭いアパート住まい…いいなあ〜」(匿名希望)

「ママ友の旦那さんは大企業にお勤めで激務。“平日は夕食はいらない“とはじめから決めているそう。小さい子どもと自分の分だけでご飯作りが気楽らしい。うちは4人兄弟+夫+義両親+自分の8人分を、毎日作っているよー!」(匿名希望)

「ママ友は旦那様が医者で、地方の大学病院勤務になって6年間単身赴任なので、自由奔放…これぞ、亭主元気で留守がいいってやつ!」(roseleaf)


夫が不在だと気楽でいいな〜、というコメントが多く寄せられました。でも羨ましがられる側には、もしかしたら「寂しい」とか「ワンオペ育児がつらい」なんてお悩みもあったりするかも?

運動会で輝くあの人

「消防士のパパさんが、運動会の保護者リレーのアンカーでごぼう抜きし優勝をかっさらったときは思わず『かっこいい〜!』と叫んだ」(匿名希望)

「運動会のときなど、若くてスポーティーなパパがさわやかに応援しているのを見るとキラキラまぶしい。うちはおじさん&おばさんコンビで省エネスタイルだから、まるで別世界の存在のよう…」(MRT)

「息子の通うサッカーチームに、身長180cm、若くてスポーツ万能、週末は家族に料理をふるまう、パーフェクトなパパがいる。日本語堪能な中国の方で、クールなわりにおちゃめなLINEを送ってきたりするのもまたいい!誉め言葉しか見つからない」(たっきー019)


運動ができるさわやかな男性は、どの時代でも魅力的なものですよね。アイドルのようにみんなで愛でて、盛り上がるのもまた一興!

いかがでしたか?

ざっと読むと、「あれ、これうちの夫はいつもやっていることだけど、他人から見たら羨ましいんだ…」なんていうのもあったのではないでしょうか。

よそはよそ、うちはうち。

長年一緒にいれば、気に障ることや不満はいくつかあって然るべき。唯一無二のパートナーですから、なるべく向き合って、思いやりあって、大切にしてください。

また、「うちの夫が一番!」というコメントが最多だったことも最後にお伝えしておきますね♡ 

アンケートへのご協力ありがとうございました。

まとめ・文/小林みほ