こんにちは。
家事コツ研究室・研究員のSです。

キッチンの断捨離をしていたら、引き出しの奥の方から、昔よく使っていたシルバーのティースプーンが3本出てきました。
が、数年ぶりに日の目を見たスプーンの硫化っぷりに驚愕。

この残念なカトラリーで紅茶をまぜまぜしたりデザートを食べるのはちょっとムリ!
というわけで、3本のスプーンを巷に出回っている3通りの方法でピカピカにしてみようと思います。

①歯磨き粉
②口紅
③熱湯+塩+アルミホイル

さて、どの方法が最もピカピカになるのか。
名付けて「シルバーカトラリーをよみがえらせよう選手権」スタートです。

そもそもシルバーはなぜ黒くなるのか?

カトラリーでなくとも、購入した当初はピカピカだったシルバーアクセがいつのまにか黒ずんでしまった経験、みなさんにもありますよね? 

その残念な黒ずみは、空気中や人の皮脂中に含まれているわずかな硫黄に銀が反応し、硫化してしまうことが原因なんだそうです。

そこで、歯磨き粉と口紅に含まれる成分の研磨効果を利用して汚れを磨き落とす方法と、電気分解で銀よりも硫黄と結合しやすいアルミに黒ずみを移す方法を比べてみて、いちばんラクにピカピカになるのはどれなのかを検証してみます!

①「歯磨き粉」でピカピカになる⁉

歯磨き粉に入っている微細な研磨剤の効果を使って、表面の汚れを削り落とします。
ただし顆粒が入っているとカトラリーに傷がついてしまうので、顆粒の入っていないものをチョイス。

今回使用したのはよくあるホテルのアメニティのミニ歯磨き粉です。

♦磨いてみた!

小指の第1関節から上程度の歯磨き粉をコットンに取り、拭き上げながら磨いていきます。
すると、たった5〜6回こすっただけでコットンがこんなに!

た、楽しい♪

あっという間、ものの2分で黒ずみが落ちてピカピカに!
力もほとんど必要ありませんでした。

最後に食器用洗剤で洗って拭き上げたものがコチラ。
すごい!
一点の曇りもありません!

②「口紅」でピカピカになる!?

口紅に含まれている乳化剤と酸化チタンの作用で黒ずみを撃退します。
乳化剤が硫化銀と細かい汚れを浮き上がらせ、酸化チタンが汚れを取り除いてくれるのだそう。

♦磨いてみた!

コットンに口紅を塗りつけ、黒ずんだ部分を拭き上げていきます。
歯磨き粉に比べて塗布量が少ないせいか、若干力が必要なのと拭き上げにかかる時間も3〜4分必要という結果に。

密かに抱いていた「スプーンが口紅色に染まってしまうのでは?」という懸念についてはまったく問題ありませんでした。

最後に食器用洗剤で洗って仕上げたのがこちら。
黒ずみ自体はなくなったものの、歯磨き粉で磨いた方と比べると、なんとな〜く曇りが残っているような感じがしますね。

③「熱湯+塩+アルミホイル」でピカピカになる!?

最後は、水中に入れた金属間で生じる「電気分解」を利用して黒ずみを除去する方法。
銀に付着した硫黄分がより結合しやすい物質に引き渡されるため、シルバーに輝きが戻る仕組みです。

♦分解してみた!

小鍋に湯300㎖を沸かし、一旦火を止めてからスプーン2杯程度の塩を溶かします。
底にアルミ箔を敷いたら、スプーンをIN。
わずか5秒後、早くも黒ずみが薄くなってる!

再び火をつけて弱火で3分間加熱して引き上げました。

食器用洗剤で洗うとごらんの通り! 
個人的には、スプーンを投入して10秒でピカピカ度MAXに到達したので、その後の3分加熱は必要なかったような気もしましたが、こすらなくて良いのでラクさはピカイチ! 

ただ黒ずみはなくなったとはいえ、ツヤ感が今ひとつ感じられない気もします。

「シルバーカトラリーをよみがえらせよう選手権」〜結果発表〜



1位 歯磨き粉
2位 熱湯+塩+アルミホイル
3位 口紅

こちらの写真は上から、歯磨き粉、口紅、熱湯∔塩∔アルミホイルです。
ダントツで1位は歯磨き粉!
使ったスプーンの表面に彫りや凹凸がなかったのもありますが、力いらずで2分も磨けば文句なしのピカピカシルバーに戻りました!

作業的にラクちんだったのは2位の塩&アルミホイルですが、準備と火を使う手間がマイナスポイント。
いきなり黒ずみが消える手品感でテンションは上がりますが、仕上がりはツヤ感に若干欠ける印象も。
ただし、研磨することに少しでも抵抗のある方や、デザインや彫りが施されたシルバーアクセなどには向いていそう。

3位の口紅については、歯磨き粉に比べて使用量が少なかったせいもあり、拭き上げる作業にややてこずったのと、仕上がりのピカピカ感はやや劣る印象でした。

どうせならとことんピカピカに!

口紅と電気分解で磨いたスプーンは、汚れが残っている感じが否めません。
こうなったら、どうしても全部ピカピカにしたくて、さらに歯磨き粉でゴシゴシしてみたところ……

口紅で磨いたスプーンは、黒ずみがまだこんなに取れました!

電気分解後もまだまだこんなに!
やっぱり歯磨き粉の威力ってすごいなと実感しました。

finish!
全部ピッカピカになると気分が上がりますね。
今日はさっそくこのスプーンでプリンをいただくことにしま〜す♪

文・写真/佐久間仁美