こんにちは。家事コツ研究室のHです。

先日断捨離をしていたら、大量のヘアピンが出てきました〜!
数本使うためだけに購入して、余ってしまっていたものです…。

置いておいても使い切れる可能性はほぼゼロ。
何かに使えないかな〜と調べてみたところ、ヘアアレンジ以外にも便利な使い道があることを発見!

誰でもすぐに挑戦できそうな活用方法をいくつか試してみたので、ぜひご覧ください♪

活用方法①チューブの使い切りに使う

調味料や歯磨き粉などのチューブ類、最後までキレイに使い切るのは至難の技ですよね。毎回力をこめて絞り出すのは地味に大変…。そんな時に役立ってくれるのがヘアピン!

ヘアピンをチューブに挟んで、ギュギュッと下におろすと…。軽い力で、残り少ない中身をしっかりと押し出すことができました!絞り出す時のイライラから解放〜♪

活用方法②お菓子の袋閉じに使う

ヘアピンは、食べかけのお菓子袋を閉じる時にも便利です。

いつもは輪ゴムで閉じている食べかけのお菓子袋。ヘアピンで閉じると、隙間が出来にくく、空気を抜いてピタッと閉じられましたよ◎

活用方法③ブックマーカーとして使う

本を読んでいて「しおりがない〜!」なんてことはありませんか?そんな時もヘアピンを活用してみてください♪

読みかけのページに、ヘアピンをピタ。バッチリしおりの役目を果たしてくれました♪本を開いた時に落ちることもないので、こちらの方が意外と便利かもしれません…!

活用方法④細かい部分の掃除に使う

洗面台の排水口って、複雑な形になっていて掃除しにくいですよね。スポンジやブラシでは、絡まった髪の毛や細かいゴミがとれないことも多々あります…。

そんな時もヘアピンの出番。ピンセットのように使って、細かいゴミを取り出すことができます。掃除の際は、排水口にヘアピンを落としてしまわないようにくれぐれもご注意を!

活用方法⑤セルフネイルに使う

ヘアピンを使えば、お手軽にドットネイルができちゃうのだとか♪夏も近いし、ちょっと華やかなネイルに挑戦してみたい〜!
超簡単とのことなので、セルフネイル初心者ですが、試してみました。

ヘアピンの先にドットにしたい色のマニュキアを付けます。
あとは、爪にポンポンと色をのせていくだけ…。

できました〜!想像以上にいい感じの仕上がり◎今回は、普通のヘアピンを使いましたが、先が丸くなっているものを使うと、もっと簡単にドットを描くことができるそうですよ♪

【番外編】マニュキアでかわいいヘアアクセに変身させる手も

ヘアピンは、ちょっとひと手間加えるだけで、おしゃれでかわいいヘアアクセサリーに変身させることも!早速試してみました。

難しい作業は一切なし、お好みのマニュキアで色付けするだけで、ヘアピンがとってもかわいいヘアアクセサリーに変身するそうです♪

お気に入りのマニュキアで早速ぬりぬり…。好みの色合いになるまでマニュキアを何度か重ね塗りし、最後にトップコートを塗れば完成です。

ヘアピンを塗る時は、紙にヘアピンを挟むのがおすすめ◎机が汚れるのを気にせず、どんどん塗れるので、マニュキアがムラになるのを防げます。

ブルー・ピンク・ベージュ、くすみカラーのおしゃれなヘアピンの出来上がりです。これからの季節、ラメ入りやゴールドなど、キラキラしたものでデコレーションしてもよさそう!これははまりそうな予感…♪

髪の毛だけじゃない!ヘアピンは意外と使えます♪

どっさり入って売られていることも多いヘアピン。
使い切れなかったヘアピンがおうちに眠っている方も多いのではないでしょうか?

ぜひこの機会にヘアピンを色々と有効活用してみてくださいね♪

撮影・文/杉野 花