こんにちは!100均の掘り出し物を見つける企画「100均パトロール」のお時間です。

今回のアイテムは、ちょっと変わった形のクリップ。実はかなり役立つアイテムなのですが、何に使うものなのか分かりますか?

一見、普通のクリップのようですが…

パーツをバラしてみると、2つに分かれます。

片方は、袋の口を閉じるのに使う普通のクリップのような形で、もう一つはチューブのような形です。チューブのようなパーツには開けたり閉めたりできるキャップもついています。

さて、どのように使うのでしょうか?

その正体は、キッチンのお役立ちアイテム!

この製品の正体は、「キャップ付き袋用クリップ」です!

特徴としては、
・粉もの類の保存に便利
・キャップ付きで取り外し不要
・クリップをしたまま中身が出せる
というアイテムです。

写真だけでは使い方がよく分からないので、実際に使ってレビューしていきますよ!

早速、使ってみました

ちょうど、我が家にあった粉ものの袋で試してみました。

一度開封した粉ものは、開けた部分を輪ゴムで縛ったり、クリップで留めたりして保存することが多いと思います。でも、使う時は輪ゴムを外して、また縛って保存して…という動作が結構面倒くさいんですよね…。

そこで、ワクワクしながらこのアイテムをセット!

まずチューブ形になっているパーツを袋の口に差し込みます。

そうしたら、チューブに沿わせるように袋の口を固定。

袋の口とチューブを挟むように、もう一つのクリップパーツで固定します。

あっという間に完成!こんな感じになりました。

輪ゴムで縛るよりも隙間ができないので、しっかり密閉できた感じです。

中身を出すときも使いやすい!

密閉しやすいだけじゃなく、中身も出しやすいです!

蓋を開けて傾けるだけ。輪ゴムを開けて、また閉めてという面倒なことをせずにすむので時短にもなります。

こんなものにもオススメ!①

個人的に、このクリップをつけて使いやすくなったものをご紹介します。まずはこれ!

チャックがついているタイプの粉もの。一見チャックがついてるので、保管などはしやすいかなと感じますが…

袋から中身を出すときに、チャック部分を曲げないといけないのでけっこう出しづらい…。

また、チャックの部分に粉がたまってだんだん閉めづらくなってきます。経験ある方も多いのではないでしょうか。

そんな時は、袋の角をハサミで切って

このクリップを取り付けます。

粉が出る部分が一か所になるので粉が出しやすいのと、キャップを開け閉めするだけでいいのでかなり使いやすい!

また、粉ものは湿気が大敵ですが、このクリップはしっかり閉まるので、安心して使えると思います。

こんなものにもオススメ!②

他にも、けっこう小さな袋にも使えるので、私はお茶っ葉の保管にも使ってます。

お茶っ葉みたいに小さい袋に入っているものだと、取り出しにくくてちょっと飛び散ってしまったりしますよね。

このクリップをつければ、キャップの部分からスルッと中身が出せるのでかなり便利になります。

こんな感じで、キッチンでは欠かせないかなり便利なアイテムでした。もう手放せない〜!!

この他にも、いろんな袋入りの食材に活用できるのではないでしょうか。皆さんもぜひ試してみてくださいね!

商品情報:キャップ付き袋用クリップ 110円(税込)/ダイソー
※2021年10月時点の情報です。

撮影・文/あるぱか