こんにちは。家事コツ研究員のAikoです。

洗濯したセーターは平らに広げて乾す「平干し」が理想ですが、家に平干しする道具も場所もなくてお困りの方もいるのでは?

わざわざ「平干しグッズ」を買わなくても、家にあるものでセーターが伸びたり型崩れせずに干せるアイデアを5種類ご紹介します!手軽なのですぐに実践ができますよ♪

①物干しポールに2つ折りにして干す

まずはお手軽な、物干しポールを使う方法。
ポイントは「袖」。下に垂らさずに、ポールにかかるように干すことでセーターの重みによる伸びが軽減できます♪

②ピンチハンガーの上に干す

こちらも超お手軽!ピンチハンガーにセーターを乗せるだけで完了。

ピンチハンガーに靴下などの洗濯物を干した状態で、平干しもできるなら一石二鳥!ただし、ピンチハンガーの枠のデザインによっては、干しにくい場合もあるのでご注意くださいね。

③横にした洗濯カゴの上で干す

洗濯カゴも使えます!写真のようなプラスチックの洗濯カゴは穴がたくさんあって通気性がいいため、横に倒してその上にセーターを置くことで「なんちゃって平干し」をすることができます。

④ハンガーを3本使って干す

普通のハンガーを3本使って、上の写真のような状態にして干します。

まずは、1本目のハンガーを使っていつものように服をかけます。それから、2本目のハンガーに両袖をかけ、3本目のハンガーに裾をかけます。この方法は、服の脇下が乾きやすくなるメリットもあります。

⑤大きな洗濯ネット&ズボンハンガー2本で干す

大きめの洗濯ネット+ズボンハンガーで「平干しネット」代わりにします。

物干しポールや、写真のようにハンガーが引っ掛ける場所があれば可能な方法ですね。

まとめ

平干しネットがなくても、家にあるものを工夫して使えば、いろいろな方法でセーターが伸びたり型崩れすることなく干せます!洗濯グッズを増やしたくない方にとっても知って役立つ方法ですね♪

文・写真/Aiko