こんにちは。家事コツ研究員のYです。スターバックスコーヒーの持ち帰り用カップって、なんとなく捨てがたいですよね。特にフラペチーノのカップは、透明だし、おしゃれだし、そのまま捨ててしまうのはもったいない!

そう思って色々調べてみたら、フラペチーノのカップを活用している様々なアイデアがありました!やっぱり同じように感じている人がたくさんいるんですね。

おなじみのロゴデザインもおしゃれだからインテリアに活用できそうです。

というわけで、早速試してみました。使用したのはフラペチーノのトールサイズの空きカップです。

スタバのカップを日常的に活用してみた

①お菓子入れとして再利用

まずはきれいに洗って、子どものお菓子を入れてみました。2種類混ぜてあげたら大喜び! このまま公園にもっていってもいいですし、「今日のおやつ」として渡すのもいいですね。

透明なので、中身が見えるのがウケたようです。

おうちで映画を見る時に、ポップコーンを山盛りしてみるのも、雰囲気が出ます。思ったよりボリュームがあるので、たっぷり入るのが意外でした。

カップに入れれば、お皿などに盛るよりもこぼす確率が減るのがミソです。

②ブーケを飾ってみる

最近、家にいる時間が増えて、なんとなく家族がイライラしていることがあります。おうち時間が長いからこそ、楽しく過ごす工夫をしてみたいですね。

試しに、お花を買ってみることにしました。お安く売っていたミニブーケがスタバのカップにピッタリ。

丈の高い花束だと食卓の上に置くと存在感ありありですが、スタバカップサイズにカットすると、テーブルの上で邪魔にならず、それでいてちょっぴり華やかになっていい感じ。
ちゃんと水切りをすれば、短く切っても普通の花束と同じくらい保ちます。

③アボカドを育てる

フラペチーノのカップで球根植物を水耕栽培するというのが、実は数年前からトレンドになっていたみたいです。料理に使ったアボカドの種を洗って取っておき、フラペチーノカップで育ててみることにしました。

アボカドの種はきれいに洗っておきます。果肉が残っていると腐敗の原因になるそうなので、気をつけてください。皮は剥けてきたら、剥いてしまってよいそうです。

フラペチーノカップはドーム上の蓋のほうをひっくり返してセットします。

種のとがったほうを上にしてフラペチーノカップにセットします。上の蓋から少し水が出るくらいまで水を入れればOK! 水が汚れたら取り換えます。

本当にジャストサイズでした。根や芽が出るまでは1ヵ月くらいかかるそうですが、ゆっくり待ちたいと思います。楽しみ!

まとめ

「植物を育てる」というアイデアは意外でしたが、軽くて持ち運びしやすく、いざとなったら使い捨てできるスタバカップを活用するのはいいアイデアだと思いました。

水耕栽培は面倒なイメージがありましたが、空きカップを使うことで、ハードルが低くなった感じがします。アボカドは一度育ててみたかったので、これからじっくり育成してみたいと思います!

撮影・まとめ/吉田直子

※暮らしニスタの過去の人気記事を再編集して配信しています。