こんにちは!100均を調査し、掘り出し物を見つける企画「100均パトロール」のお時間です。

今回のグッズはこちらのお掃除ブラシです。「持ち手があるだけで普通のブラシでしょ?」と思ったら大間違い!

ブラシの形状に工夫があり、「あるもの」が洗いやすくなっているんです。

U字型が特徴的なお掃除ブラシ

ブラシの先端はU字型にくるんとカーブしています。

汚れをかき出すにはカーブが強すぎますよね。かき出す目的じゃないなら、なんのために曲がっているのでしょうか?

【ヒント】

①あるアイテムにぐるりと回り込んで、掃除ができるブラシです。
②ブラシの毛は硬め。ギトギトの油汚れや焦げ付きを落とすのに向いています。

何を洗うブラシか、わかりましたか?

【正解発表】キッチンの○○○を洗うブラシ

正解は……

「焼き網 コンロ」用の掃除ブラシでした!

焼き網に回り込んで洗えるよう、先端が曲がっていたんですね。

なるほど、これなら網の1本1本をしっかり洗えます!

お掃除してみました!

グリルはおいしく魚が焼けますが、網に魚の身がついて掃除が面倒ですよね。

通常のスポンジだと汚れが落ちにくく、イライラしがち。そんなときはこちらのブラシの出番です!

網にくるんと回り込み、左右に動かすだけで効率的に汚れが落とせます。

タワシのように硬いブラシで、汚れ落ちが抜群!1〜2回往復すれば、サッと汚れが落ちますよ。網を裏返す手間も省けて楽ちんです。

汚れが軽めのときや1本ずつ洗うのが面倒なときは、そのまま上から洗ってもOK。2本まとめて洗うことができます。

わずか数分でお掃除終了!

古いコンロなのでピカピカにはなりませんが、汚れはきれいに落ちました。

持ち手のおかげでしっかり握れて洗いやすいんですよね。手が汚れないのも嬉しいポイントです。

さすが焼き網専用ブラシ!早くきれいに汚れを落としたい方におすすめです。

コンロや凹凸のあるもののお掃除にも

焼き網だけでなく、コンロの掃除にも使えます。

五徳にこびりついた頑固汚れをゴシゴシお掃除。通常のタワシよりコンパクトで、小回りが利くのが◎。

汚れが溜まりやすい凹凸部の掃除にも便利ですよ。

洗い残しが起こりやすい凹凸部にブラシが入り込んで、汚れをオフ。隅っこには入らないけれど、ギトギトの油汚れの大半が落とせました。

持ち手の先端はスクレーパー付きで、こびりつきをガリガリと落とすこともできます。

焦げ付きが起こりやすいグリル周りを、これ一つでお掃除できちゃいますよ。

【まとめ】専用ブラシで面倒な魚焼きグリル掃除が劇的ラクちんに!

汚れは頑固だし、ベトベトするし、焼き網は洗うのが厄介ですよね。専用ブラシを使えば効率よく汚れが落とせて、洗う時間がぐっと短縮。片付けの負担を軽くしてくれます。

ブラシについた汚れが落ちにくいのが短所ですが、そこは100均。気軽に買い替えができ、いつでも清潔に使えます。

掃除が面倒で「魚焼きグリル離れ」をしている方におすすめしたい一品です!

【注意】
フッ素樹脂加工が施されている網に使うと、加工がはがれて焦げ付きやすくなります。取扱説明書で確認してから使用してくださいね。

商品情報:キッチンハードブラシ 焼き網コンロ用 110円(税込)/ダイソー
※2022年5月現在の情報です。

写真・文/小町ねず