暑い季節になると、飲みたくなるのがアイスコーヒー。カフェのアイスコーヒーはもちろん、市販のリキッドや缶コーヒーなど、美味しいコーヒーはたくさんあります。そんななかで、おうちで本格的なアイスコーヒーを作ることができたら、毎日気分が上がりますよね。

今回は、自宅で誰でも簡単に作れるアイスコーヒーの作り方、淹れ方をご紹介します。アイスコーヒーを使ったアレンジドリンクも必見です。

アイスコーヒーの作り方は主に2パターン

アイスコーヒーには、大きく分けて2つの淹れ方があります。水で淹れる「水出し」と、お湯で淹れて冷やす「急冷法」。それぞれの特徴をみていきましょう。

時間をかけてゆっくり抽出する「水出し」

名前の通り、水を使って抽出するのが水出しのアイスコーヒーです。

コーヒーはお湯で淹れる印象が強いですが、熱を加えずに時間をかけて抽出する方法もあるんです。

水出しのアイスコーヒーは、水でじわじわと淹れるという贅沢な抽出方法。すっきりとした味わいが特徴です。

お湯で抽出して一気に冷やす「急冷法」

お湯で一気に抽出したコーヒーを氷で急速に冷やして作ります。

氷を入れて薄まることも考慮し、ホットコーヒーよりも豆(粉)を多めに使うのが特徴です。

短時間で淹れられるので、忙しい朝にも淹れたてを飲むことができます。

急冷法のアイスコーヒーの淹れ方

ここでは、濃い目に淹れたコーヒーを氷で冷やす「急冷法」を紹介します。

基本的には普通のホットコーヒーを淹れる工程とほぼ変わりませんが、アイスコーヒーならではのポイントを押さえながら淹れてみましょう。

粉は多めに、お湯は少なめに

準備をするものは、ホットコーヒーを淹れるときとほぼ同じ。異なるのは、コーヒー豆(粉)とお湯の量です。

コーヒーの粉はホットコーヒーのときよりも多く、お湯の量は少なめにするのがポイントです。

氷はコーヒーを一気に冷やすために必須です。

コーヒー豆にはさまざまな種類がありますが、今回はアイスコーヒーに向いている「フレンチロースト(深煎り)」を使いました。

【準備するもの】

・サーバー

・ドリッパー

・ペーパーフィルター

・細口のドリップ用ポット

・計量スプーン

【材料(4〜5杯分)】

・粉(ペーパードリップ用にひいたもの)フレンチロースト(深煎り) 65g

・水 400ml

・氷 240g

早速、淹れ方を見ていきましょう。

【淹れ方】

1.お湯をケトルなどで沸かしておく。氷はサーバーに入れる

2.ペーパーフィルターの2辺を内側に折り込み、ドリッパーにセットする

意外と知らない人が多いのがこの手順。フィルターの底の部分を外側に折り、側面を内側に折ります。

ドリッパーにセットするときは隙間を作らないように、軽く押さえながら。

3.ドリッパーに粉を入れる

セットしたドリッパーに粉を入れる。

軽く振って、平らにならしておく。

4.沸騰したお湯をドリップ用のポットへ

コーヒーを淹れるときは、薬缶やケトルから直接注ぐのではなく、ドリップ用の細口のポットを使います。

少量のお湯をゆっくり注ぐことが大切。細口のポットならスムーズです。

5.少量のお湯を注いで蒸らす

お湯は大さじ2程度。中心から静かに全体に注ぎ、20〜30秒蒸らします。

「蒸らす」工程はとても大切。お湯を注ぎながら、サーバーにぽたぽたと数滴コーヒーが落ちる様子を見守りましょう。

6.お湯を注いで蒸らす。これを3〜4回行う

中央に「の」の字を描くように3〜4回に分けてお湯を注ぎます。数滴落ちるのを見届け、蒸らしながら再び注ぎます。

ポットの中で熱いコーヒーが急冷されていきます。

完成!

氷で急冷したひんやり冷たいアイスコーヒーが出来上がりました。

濃い目で、苦味がギュッと濃縮された1杯は、スイーツや甘いチョコレートと相性抜群です。

氷を入れたコップに注いでストレートで飲んだり、ミルクや砂糖を混ぜたり、牛乳で割ったり、飲み方はさまざま。

お好みのスタイルで楽しんでみてください。

今回は、深煎りで作りましたが、「浅煎り」で試してみてもいいでしょう。

余ったら、サーバーに蓋やラップをして冷蔵庫で保存を。ストック用にたっぷり作って、水筒に入れて会社に持ち運び、仕事中に飲むのもおすすめです。

ワンドリップコーヒーで手軽にオンザロックも

1杯ずつアイスコーヒーを作りたいときは、市販のワンドリップコーヒーが重宝します。

グラスに氷をたっぷり入れてドリップコーヒーをセットし、蒸らしながらお湯を注ぎます。氷でコーヒーは急激に冷やされるので、すぐに飲むことができます。

ひとりでアイスコーヒーを飲むとき、パッと淹れて飲みたいときなどにおすすめ。

市販のワンドリップコーヒーは、アイスコーヒー作りにも重宝します。

カフェオレをくっきり2層に分けるコツ

エスプレッソに牛乳(ミルク)を加えたものは「カフェラテ」で、濃い目に淹れたアイスコーヒーに牛乳を合わせたものが「カフェオレ」。

今回は、アイスコーヒーを使ってカフェオレを上手に作るコツをご紹介します。

ポイントは、牛乳の層とアイスコーヒーの層をきれいに分けること!

牛乳にガムシロップを入れるとうまくいく

牛乳とアイスコーヒーの割合は1:1。牛乳100mlに対してガムシロップ大さじ1を基準に、甘い牛乳を事前に作り、氷の入ったグラスに注ぎます。

牛乳にガムシロップを投入するのは、液体の比重を大きくするため。牛乳の上にアイスコーヒーを注いだときも、混ざりすぎず、境界がはっきりしてキレイに仕上がります。

アイスコーヒーはゆっくり注ぐのがポイントです。写真のようにスプーンの背を使ってグラスの側面に少しずつ流し入れていきましょう。

ゆっくり静かに注ぐことで、牛乳との境を保つことができます。きっちり境界線を作りたいときは、シロップの量を増やしてみて。

牛乳の代わりに豆乳を使う場合も同様です。ガムシロップの代わりに練乳を入れるのもおすすめですよ。

バニラアイスをのせてコーヒーフロートにしても

アイスコーヒーにバニラアイスをのせたコーヒーフロートもおすすめです。

氷をグラスのフチのギリギリまで入れ、アイスコーヒーを注ぎます。上にバニラアイスをのせてミントを飾れば、かわいいコーヒーフロートの出来上がり。

おしゃれなグラスや容器を選んで、喫茶店のような雰囲気で飲むのも素敵です。

市販のチョコレートソースをかけるなど、アレンジを楽しんでみてください。

アイスコーヒー作りは簡単で楽しい!

今回ご紹介したのは、ペーパードリップを使い急冷する淹れ方でした。とても簡単なので、コーヒー初心者でも気軽にトライすることができます。

また、ペーパーフィルターの代わりに手持ちのネルドリップを使ったり、サイフォン器具やコーヒーメーカーでアイスコーヒーを淹れたりするのもいいですね。

手軽なものでは、ティーバッグのような“コーヒーバッグ”やインスタントコーヒーもあります。氷で冷やしてアイスコーヒーを作るという、簡単さも魅力。この夏は、いろんなアイスコーヒーを作って飲んでみてはいかがでしょう。

朝食にトーストやホットドッグなどの料理に合わせたり、おやつの時間にスイーツやチョコレートと飲んだり、アイスコーヒーライフをお楽しみください。

監修・調理/ダンノマリコ 撮影/中村彰男 文/鈴木有子