6月14日(火)の『家事ヤロウ!!!』では、人気企画「和田明日香さんVS 炊飯器」を放送。和田さん宅の炊飯器が炊き上がるまでの35分間で夕食のおかずを作るという戦いです(笑)。

今回は、韓国風のフルコースということで、メイン、サブ、汁物、サラダの4品を作って3分も残す圧勝!その中から、リンゴジュースを使った時短プルコギを作ってみました。

「リンゴジュースの時短プルコギ」のレシピ

【材料】

・牛肩肉の切り落とし 300g
・ニンニク 1片
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ3
・ゴマ油 適量
・リンゴジュース 100ml
・玉ねぎ 1/2個
・セロリ 1/3本
・ニラ 1/3束
・にんじん 5㎝程度
・ネギ 5㎝程度
・春雨 20g

【作り方】

1) 保存袋に牛肉とスライスしたニンニク、砂糖を入れてもみこみます。

ちょっと砂糖を入れ過ぎました(泣)。ニンニクはチューブで代用しています。最初に牛肉に砂糖をもみこんでおくと、お肉がやわらかくなるそう!

2) 醤油、ゴマ油を加えてもみこんだら、リンゴジュースを入れてもみ、よく浸透させてから冷蔵庫で15分以上置きます。

「牛肉+リンゴジュース=時短!」。リンゴ酸の働きでタレがしみこみやすくなるんですって。

3) 玉ねぎを薄切りにし、2)にいれます。

4) ニンジンを短冊切り、セロリを薄切り、長ネギを斜め切り、ニラをざく切りにします。

5) フライパンに牛肉を汁ごと入れ、春雨を加えて炒めます。

美味しいタレを春雨が吸ってくれますよ〜♪

6) 肉に焼き色が付いたら、ニンジン、セロリ、ネギを加えて炒めます。ニラは火を止めてから加えて予熱で火を通します。

完成〜

早速食べてみると、ゴマ油の風味が効いていて美味しい〜♡ みんな大好きな味です♪

ちょっと砂糖を入れ過ぎちゃいましたが、甘めでそれも良かったです。

ポイントは、リンゴジュース。リンゴ酸の働きでタレの浸透が速くなるので、漬け込む時間が短くて済みます。

焼く際に、タレごとお肉を焼いて、一緒に春雨を入れてしまうのはナイスアイディアですよね◎美味しいタレを余すことなく春雨が吸ってくれるので、旨みもたっぷりいただけました。春雨を別茹でしなくても良いのが楽チンです(笑)。

和田明日香さん、ありがとうございました!韓国料理が好きなので、またリピしたいと思います〜。

写真・文/azuazu