こんにちは。三度のメシよりカルディ好き♡カルディマニアの小町ねずです。

気温が上がり、さっぱり味が欲しくなる季節になりましたね。カルディでも、さっぱり系の商品が多数お目見え!

今回はその中から、手軽に食べられるインスタント麺をご紹介します。カルディでしか味わえない魅惑の味をご堪能あれ!

1品目!瀬戸内レモン塩ラーメン

●通常価格:159円(税込)

まずご紹介するのは、瀬戸内レモン果汁を使用した塩ラーメン。爽やかなパッケージが印象的です。蓋にはレモンのイラストがドドーン!

味も爽やかで、暑い時期にぴったり。昨年に引き続き購入した、マイ定番商品です。

さっそく実食!

熱湯を入れて3分待機。蓋を開けると……

ガーリックとともにレモンの香りがふわり。これは食欲がそそられる!

麺をすすると、チキンの旨味たっぷりの塩風味が広がります。

麺だけだと、レモンの風味は意外と弱め。でも、ときおりレモンが存在感を示し、ただの塩ラーメンとは違う!とアピールしてきます。

レモンの風味が強いのはスープのほう。

酸味がビシッ!と効いて、爽快な味わいです。その中でぴりっと刺激するブラックペッパーがいいアクセント。

酸味が強めなスープと麺と交互に食べると、ちょうどいいバランスになるんですよね。計算されてるなぁ……。

スープを飲むとカロリーが気になりますが、全体で268calと控えめで、罪悪感もオフ!

塩分も4.2gと一般的なカップ麺(5〜7g)より少なめですが、塩分の摂りすぎが気になる方は少し残すと良さそうです。

かやくはキャベツ、鶏肉そぼろ、卵、ピーマン、ねぎ。

ふっくら卵にシャキシャキキャベツと、安定の味。

……なのですが、キャベツは粉末スープと絡みやすいのか、レモンの風味がガッ!と押し寄せます。こんなところに思わぬ伏兵がいたとは!

「カルディ×サンヨー食品」コラボにハズレなし

こちらは「サッポロ一番」で知られるサンヨー食品との共同開発商品です。製造者の太平食品工業はサンヨー食品のグループ会社。

このコラボは過去にもあり、ユニークなコンセプトながら食べやすい味ばかり。見かけたらすかさず購入していますが、どれもハズレなしのおいしさでした。

今回のレモン塩味は「サッポロ一番 塩らーめん」を作っているサンヨー食品ならお手のもの。酸味を効かせつつも旨味あふれるベストバランスでした!飲んだ後の〆にもおすすめな、夏麺です。

2品目!日向夏香る 博多風ごぼう天うどん

●価格:199円(税込)

続いてご紹介するのは「日向夏」「博多風」「ごぼう天」と、個性的なフレーズが並んだカップうどんです。

麺のほかに入っているのは、粉末スープ、ごぼう天、日向夏フレーバーオイル。

麺の上にごぼう天、粉末スープを入れ、熱湯を注いで5分待機。後から日向夏フレーバーオイルをかけたら完成です。

実食!

手のひらサイズだったごぼう天が、カップいっぱいに広がっています!汁を吸ってふよふよな天ぷらが好きな方には、たまらない仕上がりに。

小えび入りのごぼう天は、ごぼうのシャクッした歯ごたえと、小えびの香ばしさが楽しめます。具材が小ぶりなのがちょっと残念かな。

麺はスープが絡みやすい縮れ麺。

私はこのスープのおいしさにやられました!

かつおや昆布、いりこの中に焼あご、日向夏粉末がIN。魚介の旨味と日向夏の爽やかさがブレンドされ、ほかのカップうどんとは一味違うスープに仕上がっています。

別添の日向夏フレーバーオイルは後から足したため、風味が豊か。日向夏の穏やかな酸味とさっぱりとした香りがやさしく広がります。

コクがありつつ、あっさりめ!個性的なうまさ

製造しているのは、サンポー食品という九州のご当地麺を得意とする老舗食品メーカー。焼きあごや宮崎県産の日向夏といった「九州の味」が上手に詰まっているのも納得です。

油っこくなりそうな「油揚げ麺×天ぷら×あとのせオイル」のうどんですが、爽やかな日向夏のおかげで後味はさっぱり。「コテコテ!ずっしり!」にならず、「こってり&さっぱり」という夏向きな味わいになっています。

ガッツリ系の麺が食べたい!でも重たいのは嫌!という夏のあるあるに応えてくれます。

爽やかな“夏のカップ麺”で暑い日を乗り切る!

「暑い日にカップ麺!?」なんて思うことなかれ!どちらもこれからの時期にぴったりな爽やかな夏麺です。カルディでしか味わえない限定グルメは、売り切れ必至。早めに入手して楽しんでくださいね。

文・写真/小町ねず