こんにちは。三度のメシよりカルディ好き♡カルディマニアの小町ねずです。

毎日暑いですねぇ。こう暑いと、ひんやり冷たいおやつを食べないとやってられません!

今回は、この時期になるとドサドサとまとめ買いする人も多い、カルディの夏の風物詩!オトナのための“夏のおやつ”をご紹介します!

さっぱりおいしい!「凍らせて食べる」あいすシリーズ

夏の風物詩とは「凍らせて食べる」あいすシリーズ。左から「生姜あいす」「梅あいす」「青梅あいす」(各128円・税込)の3つです。

普通のアイスバーと違って、パウチ容器に入ったジュースを凍らせて食べるタイプ。「チューペット」や「ポッキン」と呼ばれるあの商品の大人版ですね。冷凍ではなく常温で販売されているので持ち運びがラクというメリットもあり♪

軽く振ってから冷凍庫へ。8時間ほど冷凍すると、シャーベットみたいなみずみずしいアイスのでき上がりです!

袋の上部を切って、下から押し出しながらいただきます。

酸っぱ甘い♡「梅あいす」と「青梅あいす」

「青梅あいす」と「梅あいす」はどちらも和歌山県産うめ果汁を15%使用。アイスで果汁15%なんてかなりの本物志向。濃厚な梅の味わいが期待できます♪

梅は昔から夏バテ予防に効果的と言われている食べもの。食欲が落ちているときにもぴったりです。

赤梅が使われた「梅あいす」は、かわいいピンク色の見た目ながら、赤梅の酸味がしっかり!酸っぱいけれどほんのり甘さがあり、キャンディの「小梅ちゃん」のような甘酸っぱさが好きな方におすすめです。

「青梅あいす」はフルーティーな青梅の風味がふんわり。すっきりとした甘さがさわやかです。個人的には青梅のほうが好み。上品な味でシャリシャリと食べやすいんです。

柔らかな舌触りで、暑い日に心地良いですよ。口の中でサッと溶けていき、後味もすっきり。夏の暑さに負けそうになったカラダが一気に目覚める、清々しいアイスバーです!

辛さに衝撃!「大人の生姜あいす」

「大人の生姜あいす」は、高知県産の生姜が使用。坂本龍馬のパッケージが渋い!

アイスに生姜!?と言われそうですが、一度食べるとくせになるおいしさなんです。辛い!でもうまい!生姜には血行促進作用があるので、冷房でカラダが冷えやすい方にも良さそうですね。

驚くのが、生姜のみじん切りがザクザクと入っていること。しゃくっとした歯ごたえとともに、生姜の辛さがガツン!と押し寄せます。

甘さもあり、食べやすくなっていますが、名前どおり大人好みの本格的な仕上がり。これは子どもは泣いちゃうかも!?
生姜ドリンク好きな方におすすめしたい、ピリッと刺激的なアイスです。

こんな楽しみ方もアリ!

普通に食べてもおいしいけれど、凍らせたアイスバーを氷がわりに使うのもおすすめ!炭酸水やお酒に入れると、ほんのりと梅や生姜の風味が楽しめます。

こちらは、炭酸水に「梅あいす」を入れて作った梅ソーダ。シュワッとした炭酸と甘酸っぱい梅が好相性!さっぱりとしたアイスだからこそできる楽しみ方です。

お弁当を持参している方は、お弁当の保冷剤代わりにすることもできますよ。アイスを食べて怒られない職場の方は、ぜひお試しを(笑)。

パウチ入りアイスはカルディの夏の風物詩

梅の果汁と生姜を贅沢に使ったさっぱり、オトナのアイスバー。この夏は冷凍庫にストックしておきませんか♪

文・写真/小町ねず