こんにちは。珍しい食べ物は即トライ!カルディマニアの小町ねずです。

止まらない食品の値上げラッシュの中、わが家では価格が安定しているお米を食べまくっています!

おいしく食べられるようにふりかけを常備していますが、そこで活躍するのが「カルディ コーヒー ファーム」。ほかでは見ない“ユニークふりかけ”が発見できるんです。今回は、異国グルメを再現した変わり種のふりかけをご紹介します!

あの台湾グルメをリアルに再現!

パッケージにはいかにもアジアンなご飯が描かれています。手前に置かれた「八角」がヒント。台湾の屋台グルメですが、何の料理かわかりますか?

正解は……

「魯肉飯(ルーローファン)ふりかけ」でした!
魯肉飯は、とろっと煮込まれた豚肉がおいしい甘辛い味付けのかけご飯。台湾の定番グルメだけど、これがふりかけってどうなるの!?

ご飯にかけると、醤油と香辛料による甘辛い香りがふわっと漂い、食欲をそそります。

豚肉、椎茸、玉ねぎ、八角、ごまなどが使われ、まさに魯肉飯の味わい!生姜や八角などの香辛料が効いていて、予想以上に「魯肉飯」でした。ここまで本格的だとは……!

コクのある味付けで、ご飯を食べる手が止まりません。アジアン料理特有の甘辛い味つけが好きな方に特におすすめ♡
「ふりかけって子どもが食べるものでしょ?」なんて言う人のお茶碗にザザッとふりかけたい一品です。

◎魯肉飯ふりかけ 30g・192円(税込)

トマトとチーズの風味が豊か!南国のあのグルメ

続いては、こちら。ご飯にレタスとトマトがトッピングされているのがヒントです。端っこにサボテンが描かれているのもヒントかな?

それでは正解発表!このふりかけの正体は……

「タコライスふりかけ」でした!

タコライスとは、玉ねぎや香辛料などと炒めたひき肉と、レタス、トマト、チーズなどの具材をご飯にのせたもの。スパイシーな味わいが人気の料理です。まさか、タコライスまでふりかけにしてしまうとは…。

トマトやチリパウダーが入っているからでしょうか、赤っぽい色合いです。チーズの香りがして、独特な感じ。ただ者ではない雰囲気を醸し出しています。

ご飯とともに口に入れるとトマトとチーズの風味が力強く広がり、確かにこれはタコライス!そのまんまな味わいに思わず笑っちゃいました。

レタスをトッピングすると、さらにタコライスっぽく仕上がります。クミンやパプリカパウダーなどの香辛料が効いていますが、辛さは弱め。辛いものが苦手な子どももおいしく食べられますよ。

パッケージではソンブレロをかぶったメキシコ人らしき人が「フリカケテ、ミーヨ♡」と誘っています。(口元にはご飯粒つき。細かい!)

タコライス…てっきりメキシコ料理かと思っていたら、なんと沖縄が発祥…異国グルメじゃなかった!?

メキシコの「タコス」の具材をご飯にのせて「タコライス」を作ったので、メキシカンといってもあながち間違いではないんですけどね。タコライスの本場の味は沖縄ですので、お間違えなきよう!

◎タコライスふりかけ 30g・169円(税込)

おかわり必至!カルディのふりかけ

この2品、いずれもカルディオリジナル!ふりかけ市場も多様化していますが、魯肉飯とタコライスのふりかけを作るのは、カルディくらいですよね。実にユニーク!でもおいしい!

味が濃いので食べ応えがあり、小腹が空いたときは、ご飯とこのふりかけがあれば満足できちゃいます。定番のふりかけに飽きた方は、手に取ってみてくださいね!

文・写真/小町ねず