こんにちは!家事コツ研究員のAです。

皆さんのご家庭には、写真のようなUVランプはありますか?

最近ますます家庭で簡単にできるネイルの人気が出てるだけでなく、ハンドメイドのUVレジン用として持っている方も増えてきているそうです。

手ごろな価格で買えるUVランプですが、実はネイルやハンドメイドのほかにも意外な使い道が!今回はその活用法をご紹介します。

UVライトであの頑固な汚れが消える!?

「UVライトを当てるとカレー汚れが消える」という噂があるみたいなので、実際に試してみました。

カレーがベッタリ付いてしまった布を2枚用意。

一度洗濯機に入れて洗ってみましたが、若干薄くなったものの全然汚れが落ちていません。

カレーって美味しい反面、服に付くと本当に厄介ですよね…。

この2枚の布切れのうち、片方にUVライトを当ててみます。汚れに向かって20分ほど照射します。

もう片方は、部分汚れ用の泡スプレーを使ってUVライトとの汚れ落ちを比較してみました。

こちらも汚れに洗剤を付け、UVライトと同じく20分間つけ置きしておきます。

その後、もう一度2枚とも洗濯してよく乾かしてみました。2枚ともかなりキレイになったように見えます!

こちらが、UVライトを当てた布のアップ画像。

もうカレーがどこに付いていたのか分からないくらいすっかりキレイになっているのが分かります。

こちらが、部分用洗剤でつけ置きした布のアップ画像。こっちもだいぶキレイになったように見えますが…

よく見ると薄っすらと黄色っぽい汚れが残ってしまっているのが分かります。

なんと部分用洗剤よりもUVライトの方が汚れ落ちが良いという結果に!

実は、UVライトには黄色の汚れに反応して退色(色を落とす)させる効果があるそうで、まさにカレーの汚れを落とすのにピッタリのアイテムのようです!

カレー以外でも検証してみた

カレー汚れを目立たなくするのに抜群の効果があることが分かったUVランプ。他の汚れにも効果があるのか、検証してみました。

カレー以外に4種類の汚れをつけて検証してみます。上段は、右から順番にカレー・ケチャップ・醤油の汚れを付けてみました。

下段は、女性の必需品・メイク用品の汚れを付けてみました。右からコンシーラー・ティントリップです。

どちらもうっかり衣類に付いてしまうとなかなか取れない汚れですよね…。

UVランプでこういった汚れも目立たなくなってくれると嬉しいですが、果たして効果はあるのでしょうか?

まずは、一度洗濯して乾かしました。

醬油とケチャップ汚れはもともと水っぽいからか、ほとんど目立たなくなってくれましたが、ケチャップ汚れは赤いシミが薄っすらと広がっていてよく見るとけっこう目立ちます。

そしてやはりカレー汚れはしつこいですね…。メイク汚れは2つとも洗濯しただけでは全く落ちませんでした。

それでは、UVランプを照射してみます。全体にまんべんなく当たるように、合計30分UV光を当てその後もう一度洗濯してみました。

結果はこのような感じに。

やはり、カレー汚れには抜群の効果を発揮してくれて黄色い汚れはさっぱりキレイになりました!

1度目の洗濯でだいぶキレイになったケチャップ汚れですが、意外にもその後の残り汚れがしつこく、よく見るとうっすら赤い汚れが残ってしまっています。

また、メイク汚れ2種類も若干色は薄くなったものの、まだまだべったりと汚れが目立ってしまっています。

残念ながら、UVランプの効果を期待できるのはカレー汚れのみという結果になってしまいました。(これは、UV光が黄色と反応して退色<色を薄く>させる効果があるため)

まとめ

今回は、ジェルネイルやハンドメイドなどに使うUVランプの意外な活用法をご紹介しました。

UVライトの種類によっては数分で自動的に電源が切れてしまう製品もあるので、連続照射するのがちょっと大変なのが難点ですが、服についてしまった頑固なカレー汚れに使えるのは驚きの発見でした!

今回は、はぎれで試しましたが、実際に洋服で行う場合は、まず目立たないところに照射して様子を見るのがいいかもしれません。

UVランプをお持ちの方は、試してみてくださいね。

写真・文/あるぱか