夏のきゅうり、みずみずしくて味が濃くて、やっぱりおいしいですよね。冷やし中華のトッピングや酢の物など、千切りきゅうりを作る機会も増えると思いますが、もっとも美しく、おいしそうに見える「きゅうりの千切り」の方法、ご存知ですか?

今回は、暮らしニスタのsantababyさんに教えていただきました♪

santababyさん流!きゅうりの千切り

「きゅうりを千切りにします」とレシピにかかれていたとき、「あれ?どうやるんだっけ?」と一瞬考えたことのある方いらっしゃいませんか?

千切りだから、切りたい長さにまずカットして〜それぞれ薄切りにしてから細く切ればOKかな…?

って思って切ると、皮ばかりのものと中身の白い部分だけのものと、もっと言えば「ほぼ種」みたいなものに分かれてしまいます。

…となると、色や食感もバラバラに…。

でも知っていれば簡単、こうすればバランス良く見た目も綺麗な千切りになります♪

1.ヘタを切り落とし、斜め薄切りにする

2.真っすぐにしてドミノ倒しのように重ねて並べる

3.端から細く切る

すべてのきゅうりに皮の濃い緑色が入るので見た目も美しくなり、食感が均等になって食べると驚くほどおいしいです。

冷やし中華やお素麺・棒棒鶏・サラダなどに活躍します♪

コツ・ポイント

最初に薄切りにするときはあわてずに!
不思議ですがこういう作業は落ち着いた気持ちでゆっくりとした方が結果短時間で終わります(笑)。

まとめ/暮らしニスタ編集部