こんにちは、家事コツ研究室のYです!

みんなでポテチとかスナック菓子を食べるときって、袋を全開する、いわゆる“パーティ開け”が一般的かと思いますが、それ、もう古いっす!

今回は最新のパーティ開け3種類ご紹介!全部知ってたら、なかなかのスナックパーリーピーポーですよ(笑)。

▶面倒くさがりの人はこれやって!パン袋はこう閉じるのがストレスフリー!

①新定番!スナックボウル開け

まずはこちら、YouTubeのカルビー公式チャンネルで話題になった開け方です。

まず袋を逆さにし、中身を落としておきます。

底を三角に折り返し…(バッグのマチを作るイメージですね!)。

立てます。すると、こんな感じで安定します。

ここまでできたら、袋の上部をオープン!ハサミでカットすると、きれいな「ボウル」になります。

開けたら底の部分を内側へ折り返していきます。すると…

中身のスナックが盛り上がってきました〜!これで「スナックボウル開け」が完成!

アメリカの映画やスポーツ観戦で手にするスナックボウルに似ていますよね。旧型のパーティ開けだと、テーブルを占領してしまいますが、スナックボウル開けなら縦置きできて省スペース。中身が少なくなったときは、底を折り返せば再びスナックが盛り上がります!

②まさかのフィリピン流!

スナックボウル開けだと「子どもが引っかけて倒しちゃう…」という人もいるかもしれませんね。もっと安定感が欲しいときは「フィリピン流パーティ開け」がおすすめです。

まず袋の真ん中にハサミでちょこっと切れ目を入れます。

この切れ目をスタート地点にして、らせんを描くようにクルクルと手でカット。

大きく丸い穴が開けば完成!フィリピンの人々がやっているパーティ開けだそうです。これならスナックの粉が飛び散りにくく、子どもが引っかけて倒す心配もナシ。

ちょっと珍しい開け方なので「おお〜っ」と盛り上がっちゃうかも!ちなみに本場ではハサミではなく、鍵や歯を使って穴を開けるそうです。ワイルド〜。

③筒型ポテチもあり!バナナ開け

スナック菓子は袋タイプだけではありません!筒状のケースに入ったスナック菓子の開け方も押さえておきましょう。今回ご紹介するのは「バナナ開け」という方法。

まずは中の袋を取り出しまして…

こんな感じで三方向に開けます。バナナをむくようなイメージですね。

で、これをいったん筒の中に収納し…

袋の端っこをゆっくり下げていくと…ポテチがせり出してきました!

筒型ポテチって、袋のまま横置きにするパターンが多いですよね。でも横置きにすると遠くの席の人が取りづらくなるという問題が。

でも、この「バナナ開け」なら高さが出るので手が届きやすい!ポテチが減ったときは、もう一度端っこを下げれば取り出しやすくなりますよ。

SNSでじわじわ広がりつつある新しい開け方、あなたはいくつ知っていましたか?みんなが集まる場所でササッと披露すれば「え〜何この開け方!?」とびっくりされちゃうかも!ぜひ試してくださいね。

文・写真/米田モック