こんにちは。ライフオーガナイザー®のとめ(伊藤智子)です。

100均を調査し、「これは!」というモノを見つける企画、100均パトロールのお時間です。

この黒くてコロンとした丸いフォルム。写真だと「ニット帽」にも見えますが、何に使うモノだと思いますか??

▶突っ張り棒は「2本使い」すると最強!!リビングの生活感がなくなる収納ワザとは?

車輪に「履かせる」だけでOK!

これ、実はキャリーバッグの車輪に被せるカバー、その名も「車輪ソックス」(4個セット)!ダイソーで発見しました!!

キャリーバッグといえば、どこのお宅でも1つは常備している旅行グッズ。わが家にもサイズ違いが2つあります。

重い荷物を入れてもキャスターがあることで持ち運びがとても楽になり、飛行機や新幹線、車の移動であっても“旅行の相棒”として活躍してくれますよね。

「車輪ソックス」の使い方はカンタン。キャリーバッグの車輪に被せるだけで、クローゼットなどに収納しておく際に汚れを防いだり、転がりを防止してくれます。

旅先・帰省先にも持っていきたい!その理由とは?

使い方の説明を見て、家のクローゼットなどに収納するとき用と思った方も多いのではないでしょうか?ぜひ、旅先・帰省先にも持参してほしいんです!

わが家の場合、特に子どもが生まれてからの帰省は荷物がとんでもなく多く、それぞれの実家にキャリーバッグを持ち込んでいましたが、親はどう思っていたのか…。

到着すると、車輪をウェットティッシュで拭いてから新聞紙を持参してそこに置くなどしていましたが、外で使った車輪が見えているのはいい気持ちではなかっただろうなぁ、と反省しています。

旅館やホテルといった旅先でも同じ。初めて訪れる施設では、どこまでが土足?と迷うこともありますし、和室に泊まるときにも「車輪ソックス」が大活躍!

荷物を入れてきたキャリーバッグはやはり玄関ではなく、部屋の中で使いたいですよね。国内外の旅行が回復してきた時期でもありますから、活躍してくれること間違いなしです!

現在は黒一色だけの販売のようですが、カバーをしていることが目立つカラフルな色が発売されたらぜひ欲しいです!

キャリーバッグ以外でも!

4個セットのカバーと言えば…椅子にも使える?試しにダイニングの椅子に「車輪ソックス」を付けてみました。

椅子カバーよりも短めですが、ぴったりフィット。黒で見た目もスッキリするので椅子に使うのもアリです。

ーーーー

海外旅行で土足中心の旅ばかりしていた若いころには考えなかったことですが、日本ではキャスター付きのキャリーバッグは意外と靴を脱ぐ室内に持ち込むことが多いですよね。

「車輪ソックス」はキャリーバッグを自宅で収納するときはもちろん、帰省先や和室の旅館などで活躍する便利アイテム。旅行が回復してきた今、ぜひ試して欲しいと思います!

※商品情報は執筆時(2022年10月)のものです。

文・写真/ライフオーガナイザー®とめ(伊藤智子)