こんにちは。家事コツ研究員のFumiです。

DMなどで届く透明の封筒、いわゆる「OPP封筒」。分別のため、紙と分けて捨てますが、ふと袋だけ何かに使えないかなと思いました。

そこで、中身が見える、シワになりにくい、水に強い、といったOPP封筒ならではの良さを生かして、家事に使う方法を探ってみました!

▶早くやればよかった!ハサミの切れ味が身近なものでカンタン復活♪最強ワザも!

小サイズ封筒は、ジップ付き小袋のイメージで整理収納に!

調べてみるとOPP封筒はプラスチックの一種。最近は脱プラでずいぶん減った気がしますが、ときどき届いたり、外出先で受け取ったりしますよね。透明で丈夫なのが特徴です。

まずやってみたい活用方法が、ジップ付き小袋の代わりに使うこと。捨てるはずのOPP封筒を活用できるなら、ぜひやりたいところ!

宛名シールが付いているOPP封筒は、その部分を切り取って透明部分だけをストック。すぐに使わない時もこうして溜めておくといいかも。

まずは花の種の保存袋に使ってみました。紙袋に入れると置き場所や存在を忘れてしまいがちな私ですが、OPP袋なら透明だし、湿気や水にも強く、いろいろな心配が解消できそうです!

マスキングテープ入れにもいい感じ!マステなど粘着テープ類は側面にホコリが付きやすいので、カバーしたほうがいいかなとは思っていました。

透明なOPP封筒なら普段から目に付きやすく、使いたい時に「あれ。どこに置いたっけ?」と困ることも減るかも。

ほかにも、ネジや各種部品、イヤホン、アクセサリーなどなど、中身を見せつつ収納したい小物にはぴったりだと思いました。お財布に入れるクーポンやメモを保管するのにもいいですね♪

大きいサイズのOPP封筒は、“見せる”収納に。ラッピングにも!

A4冊子が入るくらいの大サイズのOPP封筒の場合。中身が見えることに加えて、水に強いこと、シワになりにくいことを生かすと、レシピや汚したくないプリントなどを入れておくのにぴったりです。

試しにレシピを入れて、キッチンの壁にマグネットで貼り、料理をしてみました。これはかなり快適!

誰かにお渡しする時のラッピング袋にも早変わり。写真、お菓子、子どもが借りた服、本、お友達の忘れ物などを入れて、マステやリボンで封をするだけでちょっとかわいい雰囲気に。

水気のあるゴミを入れるゴミ袋に!

封筒の活用方法としてポピュラーなのが、ゴミ袋にすることではないでしょうか。とくにOPPタイプの封筒なら水に強いので、湿り気のあるゴミを入れるにももってこい。

洗面スペースやお風呂の排水口に溜まる髪の毛、調理中の生ゴミ、洗濯機のゴミ受けに溜まるゴミなどを、気づいた時にすぐ入れてゴミ箱へ捨てておくことができます。

粘着部分を剥がして、もう一度くっ付けられる封筒なら、口を閉じられて便利♪とくに、ただし、袋に空気穴が空いている場合があるのでご注意くださいね。

DMでOPP封筒が届いたら、家事力アップのためにストックしたい!

脱プラスチックが進んでいるためか、DMがOPP封筒入りで届くことはそう多くはないかもしれませんが、もしご自宅にやって来たらストックしておくと便利。

整理収納やレシピ入れなど、捨てずに自宅で再利用する方法で活用してみてはいかがでしょうか。

写真・文/北浦芙三子