ついつい増えてしまう洋服。いつの間にかハンガーラックがいっぱいで「ハンガーが掛けられない!」なんてことはありませんか?今回は、缶のタブを使った収納スペースを一気に広げる方法をご紹介したいと思います。

用意するもの

・缶のタブ(飲み終わった空き缶のタブ)
・手持ちのハンガー(フック部分に缶のタブの穴が通るもの)

缶のタブ+ハンガーの収納方法

まず、ハンガーのフック部分に缶のタブを通します。

もう一つの缶のタブの穴に別のハンガーを通します。

この縦に連結したハンガーを使い収納するだけ♪

収納の差は歴然!

〈Before〉

普通にハンガーで収納した場合。

〈After〉

缶のタブ+ハンガーで収納した場合。見ての通り、確実に収納スペースがアップしました♡

〈応用編〉丈の長い服の場合

丈の長いコートやワンピースなどをハンガーに掛けると、無駄に縦の収納スペースを取ってしまうことがあります。この場合は、1着に対して先ほどの缶のタブで連結した2本のハンガーを使って収納すれば解決します!

丈の長いワンピースを普通にハンガーに掛け、連結したもう一本のハンガーにワンピースの裾の部分を掛けるだけ。

このように、丈の長い服でも下に空いたスペースができました!空いたスペースに棚をおくなど、有効活用することもできますね♪

缶のタブをハンガー収納に活用すると、確実に収納スペースがアップしました♪捨てるはずのものを活用した0円テク、ぜひお試しあれ♡

文・写真/mayumi