11月7日(火)の『家事ヤロウ!!!』は、秋の大収穫祭スペシャルと題し、初の九州ロケを慣行。

財前直見さんの田舎暮らしを体験したり、採れたて野菜を使ったレシピを一緒に作る様子が放送されました。

その中から、とくに気になった、かまどで炊く肉ごぼう炊き込みご飯を作ってみました。

「秋の絶品炊き込みご飯」のレシピ

番組では、1升(10合)分のレシピだったため、3合用にアレンジして挑戦しています。

【材料(3合用)】

・ごぼう:1本
・酢水:適量
・サラダ油:小さじ1
・にんにく塩(チューブニンニク+塩で代用):少々
・牛肉:100g〜150g
・割り下:50ml
・塩:少々

<割り下の作り方>

酒100ml、みりん100ml、しょう油100ml、ざらめ又は砂糖30gを鍋に入れ、火にかけてざらめが溶ければOK。 ※割り下は他の煮物にも使えるよう、多めの分量です。

【作り方】

1) ごぼうをささがきにし、変色を防ぐため酢水に入れて軽くすすぎます。

2) ごぼうを電子レンジで1分程度加熱します。加熱することで、ごぼうの土臭さを取ります。

3) フライパンをあたためたら、ニンニク塩とごぼうを炒めます。次に牛肉を入れ、さらに炒めます。※ニンニク塩は、チューブニンニクに塩をまぜて代用しました。

4) ある程度火が通ったら、割り下30mlを入れて絡めます。

5) 研いだお米を30分水に浸しておき、3合分より気持ち少な目の水加減にしたら、炒めたごぼうと牛肉を入れます。追加で割り下20mlと塩少々を入れ、炊飯します。

炊き上がりました。

完成〜♪よい香り〜!

一口食べてみると、ごぼうの香りと甘辛なお肉がとっても美味しいです。これだけで、ごちそうになりますね。

ちょうど稲刈りに行って新米をいただいていたので、ベストタイミングでした。

レギュラー陣も、口々に「うまっ!」「うんまい!」「何コレ!めっちゃ美味しい!」と大絶賛。外のかまどでお釜炊きしていたので、きっともっと美味しいんでしょうね。いいな〜。

ポイントとして、ごぼうの変色を防ぐために酢水を使うのは知っていましたが、レンチンしておくと土臭さが取れるというのは初耳でした!さすが、お料理上手な財前さん。

財前直見さん、絶品レシピをありがとうございました。

写真・文/azuazu