料理研究家のみきママが、おいしくて豪快なレシピを紹介!「お手頃な塩サバと、少なめのすし飯で、おもてなしにピッタリの棒寿司です。1本丸ごと食べれてしまうくらいめちゃうまです!!」(みきママ)

「料亭の味!焼き塩サバ棒寿司」

〈材料〉1本分

・塩サバ(ノルウェー産)…1枚
・熱々のご飯…130g
・すし酢…大さじ1.5弱
・ガリ…20g
・しそ…3枚

作り方

【1】フライパンに塩サバの皮目を下にしておき、蓋をして弱めの中火で8分焼き、上下を返して同様に6分焼く。粗熱をとる(骨が気になる人は焼いてから取り除く)。

〈POINT〉塩サバは、脂がのっているノルウェー産を使って下さい。フライパンで焼くと簡単なうえに、均一に焼き色がつくのでお店のような仕上がりになります。

しっかり焼くので骨まで食べる事ができますが、気になる人は焼いてから取り除いてください。

【2】ボウルにご飯を入れてすし酢を回し入れ、しゃもじで切るように混ぜ合わせる。

〈POINT〉ご飯は切るように混ぜると美味しいすし飯になります。

【3】ラップを広げ、その上に【1】の皮目を下にしておき、ガリをまんべんなくのせ、しその表側を下にしてならべ、最後に【2】をのせる。

〈POINT〉しそは表側を下に並べると出来上がりが綺麗に仕上がります。

【4】ラップごと形を整えてからきつく巻き、巻き終わりを下にして、10分そのまま置いてなじませる。

〈POINT〉ラップできつく巻いてから休ませると、なじんで切りやすくなります。

【5】ラップごと、食べやすい大きさに切って出来上がり。

〈POINT〉ラップごと切ることで、崩れずに綺麗に切ることができます。

完成〜!

レシピ/みきママ(藤原美樹) 撮影/目黒-MEGRO.8- まとめ/山川麻衣子