「暮らしニスタ」で月に2回開催しているコンテストは、たくさんある募集テーマのなかでリメイク系も人気です。今回は、『その〇〇捨てちゃダメーーー!【使わなくなったモノの活用アイデア】コンテスト』で最優秀賞の輝いた投稿をご紹介します。コレがアレに変身するの…!?と、暮らしニスタ編集スタッフもビックリのアイデアです。

米袋でトートバッグ作りました

「お米農家からお米を5kgずつ買って、そのときに昔ながらの紙の袋に入れてくれるのですが、この袋が丈夫なので捨てるのがもったいない…。ということで、バッグにしてみました!」(アイデア発案者:*ココ*さん)

米袋の丈夫さを活かしてバッグを作るなんて…!早速作り方をご紹介します。

〈材料〉 (小さな手提げカバン1つ分)
米袋(5kg:約27×47㎝サイズ):1つ
お好きな色のミシン糸 :適量

揉んで切って縫って…イラストで説明していきます!

①米袋を揉んで柔らかくします。こうすることで作業がラクになり、しわしわになった素材もバッグになったときにいい味が出ます。

②袋で切る場所は、上の10cm程のところと四隅の5cm角のところ。縫うポイントは「順番」で、1:角を落として縫う、2:ひっくり返す、3:口を閉じる。「マチは5cmにしましたが、お好きな幅で作ってください」(*ココ*さん)

③紐とポケット作り。最初に切り落としたものを使用。輪っかを切り、同じサイズ2枚にします。1枚は内ポケットに、1枚はさらに縦半分に切り、紐にします。

④③を本体に装着!

「袋のどちらを表にするかを決めてから作業してください。 私は文字を見せないバッグにしたかったので、文字を見ながら作業スタート。文字をデザイン的に見せたい場合は、まずは袋をひっくり返してから作業開始してくださいね」(*ココ*さん)

「米袋トートバッグ」の完成です!

一番最初に米袋を揉み揉みしてしわを作ったので、米袋の素材感を活かした素敵な風合いのバッグが完成しました!

軽いけど丈夫なのがうれしい♪

超簡単に作れる!というわけではありませんが、見た目もかわいいし、チャレンジしてみる価値アリ!なアイデアですよね。米袋を入手した際はぜひ♡

まとめ/暮らしニスタ編集部