こんにちは、家事コツ研究員のヨネダです。

「もう次の夏は着ないかな〜」というTシャツがタンスの中で眠っていませんか?もしあるならパパッと切って、自分好みのエコバッグを作っちゃいましょう。

ミシンも針も糸も必要なし。使うのはハサミだけです♪

作り方①Tシャツの襟・袖・裾をカットする

それではさっそく作っていきましょう!今回はサイズアウトした子どものTシャツを用意しました。

まずは襟と袖をカットして、エコバッグの持ち手を作ります。

切る前にチャコペンで印をつけておきましょう。曲線はちょうどよいサイズのお皿などを使うと描きやすいです。

印をつけたら、生地を重ねたままカットします。

持ち手が完成!軽く伸ばすと端が巻くので切りっぱなしでOKです。

Tシャツの裾の折り返し部分もカットしましょう。ここを切っておくと、あとの作業が楽になります。

作り方②裏返しにして裾に切り込みを入れる

カットしたら裏返しにして、切った裾から5cmくらいの高さにまっすぐ線を引きます。

引いた線を目印にして、1cmくらいの幅になるよう切り込みを入れましょう。

ザクザク切ってOKです。

作り方③ひたすら結ぶ!

あとは、ペアの切り込み同士をひたすら結ぶだけ!端から順に固結びします。

このとき、スキマができないようにギュッと結ぶのがポイント。

全部結んだら裏返して完成です。たった10分でエコバッグができました♡

縫わないエコバッグが完成しました!

音楽を聴きながらのんびり作りましたが、所要時間はたったの10分ほど。

130cmの子ども用Tシャツで作ったら、コンビニ帰りにちょうど良いサイズになりました。

子どもが使うボールやヘルメットにもぴったり。

ちなみに底の部分はこんな感じ。ギュッとしばっているので頑丈!

使用中に底が抜けることはなさそうです。

タンクトップで作ればウォールポケットに!

この方法で、ウォールポケットも作れます。

使うのは捨てる予定のタンクトップ。襟や袖はそのままにして、裾だけカット&結んでいきます。

完成したものをハンガーにかければウォールポケットが完成!

クローゼットの中に吊って小物入れにしたり、キッチンの壁に下げてレジ袋ストッカーにしたり。いろんな用途に使えます♪

着なくなった服で作るエコバッグ&ウォールポケットはカットして結ぶだけなので、子どもと一緒の手作りタイムにもおすすめです。

捨てる予定のTシャツやタンクでぜひ試してくださいね♡

撮影・文/米田モック ※暮らしニスタの人気記事を再編集して配信しています。