暮らしニスタの人気記事をピックアップ!今回は「指が臭くならない」ニンニクの皮のむき方をご紹介。どうやってやるかというと…?

ニンニクの皮、むきにくいですよね…

イタリアンになくてはならない存在のニンニク。我が家でもよく使う香味野菜の一つなのですが、皮を剥く際に、爪や指先がニンニク臭くなってしまったり、物によっては皮が剥がれにくかったりと意外と面倒な一面も。

そこで、簡単かつ、お料理にとても使いやすい、ニンニクの剥き方をご紹介します。

用意するものは…

ズバリ、「ニンニク」と「包丁」です。ニンニクは、1片ずつにほぐしておきます。

ニンニクの皮のむきかた

ニンニクの皮のむきかた…

①皮が付いたままのニンニク1片をまな板に並べます。
②包丁の腹で、上からギュッと力をかけます。

中身がつるんと出ました

皮がやぶれて、中身がつるりとでてきます。爪を立てて皮をはがさなくていいので、指がニンニク臭くならなくてGOODです!

一度にたくさんむけますよ♪

この方法なら一度に沢山むけますね。

使い方① 強い力でつぶす

使い方① 強い力でつぶす

実にヒビが入るくらいの強さで潰せば、パスタ作りに便利です。

パスタソースを作る時は、熱したフライパンにオイルをひき、大きいままのニンニクをいれます。実にヒビが入っているので、ニンニクの美味しさがオイルにしっかり移ります。

大きいままなので、ソースが出来上がった際には簡単に取り出すことができます。みじん切りの手間も要らずとても便利ですよ。

使い方② 弱い力でつぶす

使い方② 弱い力でつぶす

我が家では、ニンニクがたくさん手に入った時には、自家製ガーリックオイルを作るのが定番です。綺麗なままのニンニクを瓶に詰めたいので、この時は、ニンニクが潰れない程度の力をかけて、皮をむいています。ぜひお試しください!

アイデア/三木芽久美さん ※人気記事を再編集して配信しています。