倉敷美観地区へ行くと、いつも楽しみにしているお店があります。

阿智神社の西参道すぐ近く、焼きたてが食べられる「倉敷名物 えびす饅頭」です。

大判焼き、今川焼き、太鼓まん、御座候、ひじり焼き…。

地方によって呼び方はいろいろです。

岡山県では夫婦饅頭(フーマン)とも呼ばれますが、美観地区では「えびす饅頭」の名前でおなじみなんですよ。

営業は秋冬のみ。
夏の終わりには、いつ営業が始まるのか、シャッターが開く日を待ちわびるほどです。

焼きたてをその場で頬張るもよし、たくさん買ってお土産にしてもよし。

倉敷名物「えびす饅頭」を紹介します。

阿智神社の西参道すぐそばにある、焼きたての味「えびす饅頭」

えびす饅頭 外観

倉敷駅から続く「えびす通り商店街」にある「倉敷名物 えびす饅頭」。

名前の由来はもちろん、「えびす通り商店街にある饅頭屋」として付けられたそうです。

阿智神社の西参道すぐそばにあり、美観地区にも近いですよ。

えびす饅頭の営業は、9月30日〜翌年のゴールデンウィークの前後まで

秋冬だけの美味しいお楽しみです。

えびす饅頭 のれん

倉敷工業高等学校 繊維科(現:ファッション技術科)制作の「のれん」。

エビス様の顔がなんともユーモラスですね。

「倉敷名物 えびす饅頭」の字は、書道の先生である店主・島村稔(しまむら みのる)さんの奥さまが書かれました。

お饅頭は1個100円(税込)。10個買っても1,000円です。

「他と比べて少し小ぶりだから」と島村さんは言いますが、それでもこのお値段には驚きです。

焼きたてを待ちわびて。朝から通うかわいい常連さん

友永翔太くん親子

開店前、かわいい常連さんに出会いました。友永さんと息子さんの翔太くん(3歳)親子です。

美観地区を散歩して、えびす饅頭で休憩することが日課だそうですよ。

小銭をにぎりしめ、お饅頭の焼き上がりを待っています。

友永翔太くん親子

焼きあがりが待ちきれず、ようすを見に行く翔太くん。一緒に見てみましょう。

えびす饅頭を作るところ

丁寧に油を塗り込み、熱した生地を銅板に流し入れます。

ちょっと生地がハミだすところがカリカリして美味しいんです。

えびす饅頭を作るところ

手作りの粒あんをたっぷりと。

えびす饅頭を作るところ

ぷくぷくと生地が盛り上がってきました。

友永翔太くん

翔太くんもこの笑顔。焼き上がりが待ち遠しいね。

えびす饅頭を作っているところ

空いている型に生地を流し込んでいきます。

えびす饅頭を作っているところ

あんこ側の生地を組み合わせてできあがり。きれいに焼き上がりました。

えびす饅頭を作っているところ

「大きいのはどれかな?これかな?こっちが大きい?」

と優しく聞きながら、翔太くんと一緒にお饅頭を選んでいます。

えびす饅頭 店員さん

笑顔の素敵な店員さんが渡してくれますよ。

あんこたっぷり!焼きたて熱々のえびす饅頭

えびす饅頭

焼きたて熱々の「えびす饅頭」100円(税込)。

UFOの円盤のように羽がついているところが特徴です。

えびす饅頭

熱々のお饅頭を割ると、粒あんがぎっしりと詰まっています。

粒あんからも湯気がほかほかと出て、寒い日にはたまらないですね。

えびす饅頭

カリッと焼き色が付いた皮に、熱々とろとろの甘い粒あん。

焼きたては格別の美味しさ!お腹にお饅頭の温かさが広がって、身体もポカポカしてきます。

小ぶりなので手も汚れず、食べ歩きにもちょうど良いサイズですね。

友永翔太くん

翔太くんもこの笑顔。大事そうに、お饅頭を少しずつ食べていました。

毎朝えびす饅頭に寄ることを楽しみにしている翔太くん。春からは幼稚園に通うそうです。

かわいらしい常連客がいる、えびす饅頭。

そんなえびす饅頭の店主、島村稔さんにインタビューをしました。